新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年05月26日 20時47分 UPDATE

ダムの水を一気に放流する圧巻の光景! ダム好き歓喜の激レアイベント川治ダムの「点検放流」に行ってきた

レアな非常用ゲートからの放流に熱心なファンが集まりました。

[伊織舞也,ねとらぼ]

 近年注目が高まっているダム。ダムがテーマの「ダムマンガ」(井上よしひさ・少年画報社)なるマンガも2巻まで発売されていて、実際に現地を訪れないともらうことができないダムカードも人気を博しています。

画像 ダム愛好家を描いた「ダムマンガ」。今、ダムがじわじわきています

 そのような中で、5月18日に栃木県の川治ダムで非常用のクレストゲートから放流を行うという滅多に見られない点検放流が行われました。クレストゲートはダムが壊れないように使われる非常用放流設備で、実際には使われることはほとんどないもの。普通は使われないゲートを全門開けての放流を公開するというレアイベントで、多くの観光客やダム愛好家たちが訪れました。

画像 ダムの放流によって発生した虹がくっきりと

画像 ダムの中を歩いてキャットウォークへと進みます

画像 下が見えてドキドキのキャットウォーク

画像 点検放流前に流木を落すための放流も行われました

 職員の方によると、クレストゲートからの放流は1983年の完成以来、点検では5回だけ、点検以外では1度しか使用されたことがないそうです。過去に1度使われたことがあるというのを聞いて驚きましたが、点検とはいえそこまでダム湖の水位が上がることはそうそうないので、点検が行なわれること自体がレアなケースかと思われます。そんな貴重な機会に参加し、実際に写真を撮影してきました。

画像 キャットウォークから見た6門すべてからの点検放流。風向きが変わってこのあとずぶ濡れにさせられました

画像 うっすらと見えた虹。右下の赤いカラーコーンのところまでが見学エリアでした

画像 管理所から見た放流も迫力があります

画像 140メートルあるダムと比べて右下の職員と見学者が小さいっ!

 クレストゲート6門から大量の水が放流される光景はまさしく圧巻。おそらく120〜130メートルほどの落差がある人工滝です。当日は放流しているゲートの60センチ上まで水位があり、見学会に参加してキャットウォークからも見ることができました。写真ではどれほど伝わるかわかりませんが、ダムの壁面に設置されたキャットウォークは下を見ると超怖いです。でも1度は歩いてみたいところですよね!?(怖いけど)

川治ダムDATA

堤高140メートル

堤頂長320メートル

貯水容量8300万立方メートル

洪水調節、河川維持、上水道、工業用水、かんがいに活躍している多目的ダム

(伊織舞也)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事