新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年05月28日 20時31分 UPDATE

民放連、ドローン規制法案に「強く憂慮」 議員に意見提出

災害や重大事件の際の報道目的の飛行に支障を来すとして懸念を表明している。

[ねとらぼ]

 日本民間放送連盟(民放連)の報道委員会は、国会で成立に向けて議論が進められているドローンの規制法案について、「強く憂慮」するなどとした意見を関係議員に提出した。

ah_drone1.jpg 民放連:小型無人機「ドローン」の規制に対する意見

 法案名は「国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等及び外国公館等の周辺地域の上空における小型無人機の飛行の禁止に関する法律案」。首相官邸、国会議事堂などの重要施設の上空と周囲約300メートルを飛行禁止区域とするもの。

 これに対し民放連は、報道や学術などドローンには国民の利益になる正当な用途があるにもかかわらず、ドローンの使用者を一律にとらえて同じ規制をかけようとしており、合理性がないと主張。また災害や重大事件の際の報道に配慮した規定がなく、「非常時における国民の情報アクセスの妨げになるおそれがある」と強く憂慮していると述べている。また禁止範囲が広すぎる、国民への丁寧な説明がないとも主張している。

 民間放送各社ではドローンの運用ルール策定を急いでいるところであり、民放連としても法整備の議論に参加し、安全運航にむけた業界全体のルール策定について、必要な対応を行っていくとしている。

ah_drone2.jpg 先月、首相官邸に落下したドローンと同型のDJI「Phantom 2」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事