ニュース
» 2015年06月02日 16時23分 UPDATE

将棋の駒でボールを蹴るという発想 謎の新競技「将棋サッカー」がシュールすぎる

人類には早すぎる動画シリーズ。

[たろちん,ねとらぼ]

 サッカーのポジションやフォーメーションを将棋の駒や戦法に例えた書籍「将棋でサッカーが面白くなる本」など、近年その共通点を指摘する声が増えてきている将棋とサッカーですが、そのものズバリな新競技「将棋サッカー」を考案した人が登場しました。YouTubeやニコニコ動画に試合動画が公開されています。

 マス目を描いた将棋盤風のサッカーコートで、将棋の駒を使ってボールを蹴り合うという謎競技。駒の動きや敵陣に入った際の「成り駒」などはすべて将棋のルールと同じで、ボールがあるマス目に駒を移動すればボールを蹴ることができます。手番の概念はないため、相手が駒を動かすのを待たずにどんどん自分の駒を動かしてOK。ただし、同じ駒を2連続で動かすことは禁止のため、飛車や角など強い駒だけを動かして勝つことはできません。

 対局者には本田球王と中田九段という、いかにもサッカー界を意識した名前の架空の人物を設定。実況や解説、テロップなどもサッカー中継風に盛り上がっているのですが、やっていることは将棋の駒で小さなボールを弾きあっているだけという非常にシュールな光景になっています。「香車の強烈なロングシュート」ってどういう世界観だよ!

画像 謎競技「将棋サッカー」がキックオフ

画像 背番号7のFW「龍」がゴールを決めるというカオスな世界観

画像 実況や解説もサッカー風

画像 なぜか最後はすごく白熱してます

 詳しいルールは考案者・瀬川三十七(@s07741657)さんのTwitterに公開されているのですが、ボールの蹴り方や反則の規定など妙に細かい部分まで作り込まれているのも特徴。瞬時に動かす駒を選択する判断力や駒の配置を決める頭脳戦などの要素もあり、なぜか終盤はものすごく白熱した戦いになっています。あくまで架空のスポーツを描いたネタ動画なのですが、ちょっとプレイしてみたくなる妙な魅力もあります。い、意外と面白い……のか……?

たろちん

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  6. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 湖西線・志賀駅のホームが超積雪 電車ドアが開くと雪の断面ドーンな動画が話題
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー