新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年06月04日 15時15分 UPDATE

「18歳選挙権」衆院を通過、6月17日にも成立へ――2016年から適用の見込み

公職選挙法が改正され、18〜19歳も選挙に参加できるようになりそうです。早ければ2016年夏の参院選から適用される見込み。

[ねとらぼ]
ay_ele03.jpg 公職選挙法が改正されます

 公職選挙法で「20歳以上」と定められている選挙権が得られる年齢を、18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が、6月4日の衆議院本会議で可決されました。早ければ、6月17日の参院本会議で成立予定で、その場合、2016年夏の参院選から適用される見通しです。

 改正案は与野党6党が共同で提出したもの。改正案の施行後は、現在約240万人いる18〜19歳が有権者となる見込みで、国政選挙だけでなく、国民審査や地方選挙、住民投票なども、18歳以上が投票できるようになります。

 また、選挙運動もできるようになりますが、連座制が適用されるような悪質な選挙違反に未成年者が関わった場合、「当分の間」、原則として検察庁に送り返し、成人と同じく裁判を受けさせる制度を適用することなども付則に盛り込んであります。

 選挙権の年齢が引き下げられたのは、1945年以来70年ぶりとなります。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事