新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年06月04日 16時00分 UPDATE

伝統工芸の「和」にほっこり 波佐見焼のカップを博多曲物のスリーブが包み込む「Haori Cup」が海外で人気

いいものは、いい。

[高城歩,ねとらぼ]

 長崎県の伝統工芸である波佐見焼のカップを、博多曲物のスリーブが「羽織」のように包み込む――そんな“和”なカップ、「Haori Cup」が、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場しました。


画像 「Haori Cup」(Kickstarterページ)

 Haori Cupはその名の通り、日本の着物「羽織」を思わせるスリーブで包み込んだ、陶器のカップ。職人の手で作られた博多曲物の温かみ、そして薄く手になじむ波佐見焼のフォルムが日本の「和」を感じさせます。


画像 シンプルだけど美しい

 スリーブの表には麻の葉や千鳥格子、七宝繋ぎなどの文様や漢字があしらわれており、シンプルながらワンポイントがとてもおしゃれ。温かいお茶などはもちろん、冷たい飲み物の結露を杉が吸収してくれるというデザイン性と実用性を兼ね備えている点も魅力です。カップのカラーはサケ(ホワイト)、カフェ(ブラウン)、グリーンティー(ライトグリーン)、サクラ(ライトピンク)の中から選ぶことができます。


画像 文様はランダム。どの柄が出るかはお楽しみに

画像 色合いも淡くてすてき

 5月31日にKickstarterに登場したばかりにもかかわらず、すでに目標金額を達成。海外でも人気を博しているようです。42ドルのコースからHaori Cupを手に入れることができ、168ドルのコースでは各色1点ずつそろえることもできます。

 日本の“本当にいいもの”を再発見できるHaori Cup。好きな飲み物を口にしつつ、手で包み込んだカップの手触りに、ほっこりと癒されたいですね。

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー