ニュース
» 2015年06月04日 19時05分 UPDATE

冒険は、ホテルでも続く:一足先に体験!「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」客室がリニューアル

開業以来初めて、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの客室リニューアルが行われます。6月8日に登場する新しい客室は、ディズニーファンなら楽しくなる仕掛けがいっぱい。一足お先にレポートします!

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 早いもので、2015年でオープンから14年が経過した東京ディズニーシー。パークの一部として作られた「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」では、開園/開業以来初めての客室リニューアルが行われました。一般には2015年6月8日より登場する新客室などを、一足先にチェックができましたので、早速レポートしましょう。

ay_tdshm01.jpg 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのエントランス

3つのエリアごとに異なるテーマ

 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタは、東京ディズニーシーへ行ったことのある方なら誰もが通る場所。エントランスの上にある建物そのものがホテルになっています。このホテルはパークの一部として作られており、ホテルの部屋の中からパーク内が一望できる、とても高級な雰囲気のある場所です。

 このホテルは、大きく3つのエリアに分かれています。東京ディズニーシーの中央、メディテレーニアンハーバーを一望できる「ポルトパラディーゾ・サイド」、ヴェネチアンゴンドラが浮かぶパラッツォ・カナルに向いた「ヴェネチア・サイド」、そしてそれ以外の「トスカーナ・サイド」です。今回、それぞれのエリアごとに異なるテーマの客室が作られました。パークの中が見えない客室でも、他にはない内装になっており、どの部屋も高級感とディズニー感があふれるものに仕上がっています。

パークが見えなくてもこっちの方がいい?!「トスカーナ・サイド」

 では、まずトスカーナ・サイドの「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」を見てみましょう。実はこのトスカーナ・サイドは、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの中にありながらパークの中が見えないエリアの客室です。しかし、内装を見たらそんな懸念は吹っ飛ぶかもしれません。今回のリニューアルにより、ミッキーをはじめ多くのキャラクターが部屋に描かれているからです。

ay_tdshm02.jpg 「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」。ちなみにカピターノ・ミッキーとは、イタリア語で「ミッキー船長」という意味

 まず、ベッドのヘッドボードにはミッキーたちが冒険の航海へ旅立つ姿が大きく描かれています。また、部屋には大きなタペストリー(部屋により2種類のうち1枚が見られます)、そしてミッキーたちが冒険の末に発見した大陸などを描いた世界地図がかけられています。これらに描かれたキャラクターや文言は、ディズニーファンにはなじみの深いもの、実にマニアックなものが多数が含まれているので、よーく観察してみるといいでしょう。

ay_tdshm03.jpg 部屋に飾られたタペストリー。部屋によって2種類のうち1枚が飾られています
ay_tdshm04.jpg こちらはミッキー船長が冒険の末に作り出した世界地図
ay_tdshm06.jpg よーく見ると、YENSID(Disneyの綴りを逆にしたもの)やクララベルなど、ディズニーにゆかりの深い文字が多数。そのほかにも、キンボールやリラクタント・ドラゴンなど、マニアならば思わずうなるキーワードが隠されていました

 さらに、カピターノ・ミッキー・スーペリアルームのみ、天井に星座が描かれているのも注目です。各星座にはミッキーをはじめ、映画「ファンタジア」に登場する神々や、昔の短編に登場するような動物たちが描かれています。これも大変マニアックなセレクション。

ay_tdshm07.jpg 天井にはミッキーと仲間たちが星座として描かれています。かなりレアなキャラばかり
ay_tdshm07_1.jpg 洗面所の壁紙にもミッキーの仲間たちがたくさん。これはこのカピターノ・ミッキー・スーペリアルームのみの特別なもの

まるでイタリアの風景「ヴェネチア・サイド」

 次はパラッツォ・カナルという、ヴェネチアの水路があるエリアを一望できる「ヴェネチア・サイド」の部屋を紹介しましょう。カピターノ・ミッキー・スーペリアルームとは打って変わって、大変静かな印象の部屋。ベットのヘッドボードにはイタリアの水路の様子が描かれており、外の風景と調和した装いになっています。細かな点を見ると、例えばベッドスローには人魚になったミニーマウスが描かれていたり、壁紙にもミニーマウスが。

ay_tdshm08.jpg ヴェネチア・サイドの客室全景
ay_tdshm09.jpg ヴェネチア・サイドのヘッドボードは外の風景とそっくりの街並みが描かれています
ay_tdshm10.jpg ヴェネチア・サイドから見える風景

冒険が続く「ポルト・パラディーゾ・サイド」の客室

 そしてパークが一望できる「ポルト・パラディーゾ・サイド」の客室をご紹介します。こちらはプロメテウス火山やメディテレーニアンハーバーをいつでも見られる部屋で、南ヨーロッパの雰囲気を残しつつ、ベッドスローには地球と太陽、月が描かれており、東京ディズニーシーのテーマである「冒険」のイメージもあります。

ay_tdshm11.jpg ポルト・パラディーゾ・サイドの客室全景
ay_tdshm12.jpg ヘッドボードの地球、太陽、月のマーク。まるでミッキーマーク?
ay_tdshm13.jpg ベッドスローにはマーメイドになったミニーがいます
ay_tdshm14.jpg もう1つのタペストリー

 この他にも、廊下にはミッキーと仲間たちが遺跡や砂漠、氷の世界を冒険する様子が描かれています。その中にはレアなキャラクターや、東京ディズニーシーのどこかで見られるようなものも。ホテルで見かけたものをパークで探したり、その逆を探してみたり――「冒険の海」である東京ディズニーシーのテーマに沿った、すてきなリニューアルが行われていました。

ay_tdshm20.jpg 廊下には2枚一組の絵画が4種類描かれています。南米に旅したミッキーと仲間たち
ay_tdshm21.jpg こちらに描かれているのは、東京ディズニーシーのどこかで見たような……?

リニューアルに合わせて楽しめる「ノンアルコールカクテル」はいかが?

 このリニューアルに合わせて、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ内にある中国料理レストラン「シルクロードガーデン」にすてきなメニューが登場します。それが「“カピターノ・ミッキー”スペシャルノンアルコールカクテル」です。

ay_tdshm30.jpg リニューアルとともに提供される「“カピターノ・ミッキー”スペシャルノンアルコールカクテル」
ay_tdshm31.jpg 羅針盤をイメージしたオレンジスライス

 このカクテルはクランベリージュースをベースに、ブルーベリーなどのさわやかな味に仕上げたもの。オレンジのスライスは「羅針盤」をイメージしています。実際にこちらも楽しませていただいたところ、とてもさわやかな味わいでした。アマレットシロップや、中国料理レストランらしくジャスミンティーも入った、ホテルのキャストが創意工夫して考え出したカクテルとのことです。「“カピターノ・ミッキー”スペシャルノンアルコールカクテル」は6月8日から2016年12月31日まで、1100円で楽しめます。特にこれからは暑い時期。東京ディズニーシーを歩いてちょっと疲れたら、ホテルのレストランでカクテルを楽しみながらちょっとお休み、というのもいいかもしれません。

 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの新客室は6月8日から順次リニューアルオープンし、501室全ての客室でリニューアルが完了するのは2016年2月29日。東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ宿泊者限定グッズも2015年10月1日に新しく登場する予定ですので、これまでとはちょっと違う、大人のディズニー体験をしてみてはいかがでしょうか。

ay_tdshm40.jpg 2015年10月1日より、ディズニーホテル宿泊者限定で購入できるトートバッグ
ay_tdshm41.jpg トートバッグにはミッキー型のチャーム付き。発表されるやいなやファンからかなり反響がありました

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう