ニュース
» 2015年06月05日 11時00分 UPDATE

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第47回:全キルミストの必読書 「キルミーベイベー」のカヅホ先生が描く科学コメディ「カガクチョップ」は劇薬注意!

これキルミーよりアカンやつじゃないですか!

[虚構新聞・社主UK,ねとらぼ]

 ねとらぼ読者のみなさん、こんにちは。虚構新聞の社主UKです。ウソは得意ですが、ダジャレは苦手です。

 さて、第47回となる本連載、今回ご紹介するのは先日最新7巻が発売された代表作「キルミーベイベー」(芳文社)でおなじみ、カヅホ先生の科学コメディ「カガクチョップ」(〜2巻、以下続刊/フレックスコミックス)。Webコミック「COMICメテオ」にて連載中です。


画像画像 「カガクチョップ」(〜2巻、以下続刊/フレックスコミックス)→ 試し読みページ


これキルミーよりアカンやつじゃないですか!

画像 毎回ろくでもない発明品が登場し、それにツッコむのがお約束の流れ

 本作は真面目なクラス委員長・長倉蓮がマッドな科学部部長・鈴園沙衣の発明品に振り回される1話完結の読み切りマンガなのですが、「飲んだ後食べ物のカロリーをほぼ完全にカットする薬(※ただし薬自体のカロリーが1日の摂取カロリーの2倍)」「大きさ・重さともに従来の3分の1の折り畳み傘(※ただし広げたサイズも3分の1)」など、役に立たない発明品を交えた蓮と沙衣の漫才的やり取りは「キルミー」の主人公ソーニャ&やすなから、あのわさわさするウザさが抜けた感じで、社主も読みはじめは「これは『キルミー』より広く受け入れられそうだな……」と。

 そう、そんなふうに考えていた時期が社主にもありました。が、その印象は第6話にして早くも裏切られてしまいます。

 転換点は突如現れたもう1人の科学部員・盛本雨柚(もるもと・うゆ)。科学部部室の巨大冷蔵庫の中から凍った状態で発見された彼女は、その名の通り沙衣のモルモット。先ほどの冷凍実験でも解凍中、凍った部分が少し欠けてしまうなど、しれっとひどい目に遭っています。にもかかわらず、「ここに来ると、お菓子とかもらえてー」という理由だけで実験に協力し続けている彼女の登場により、本作独自の方向性が定まったとも言えます。端的に言うと「キルミー」が漫才なのに対し、「カガクチョップ」は3人のコントを見ているような感覚です。

画像 実は一番ヤバイ人のような気がする盛本さん

 またその後のモルモット、もとい盛本さんの活躍はとどまるところを知りません。実験台として殴られたり流血したり炎上したりは日常茶飯事。さらには「微弱電流の効果で眠れる安眠布団から発生した体が跳ね上がるほどの大電流を浴び、よだれを垂らして安眠」「電子レンジの原理を応用した『体が温まる服』を着たら口から焼肉のにおい」など、「キルミーより広く受け入れられそうだな……」が「あっ、これあかんやつや……」に変わるのにさほど時間は要しませんでした。

 ちなみに盛本さんは毎回アニメ「サウスパーク」のケニーばりのひどい目に遭いますが、1話完結なので、次の話になるとこれまたケニーと同じく何事もなかったかのように復活しています。ご安心を(そういう問題かどうかはさておき)。



キルミーと共通する「あまり深く考えちゃいけない部分」

 今回なぜこの「カガクチョップ」を取り上げようと思ったのかと言うと、この「あかんやつ」が何ともおもしろかったからに他なりません。

画像 そのアイデアに思わず脱帽の「人工サンタ」回

 特に2巻収録「サンタハザード」に登場、沙衣が開発した「人工サンタ」は、そのぶっ飛んだ発想含め完全に脱帽しました。お父さんに変わって子どもにプレゼントを渡してくれるこの人工生命体はその役目を果たした後どうなるか。

沙衣 「朝日に当たれば自動消滅するし 肉は食用に調整されてるからクリスマスのディナーにでも!」

 「プレゼント持ってきてくれたサンタさんをその日の夕食にするなんて悪趣味すぎる…」

 こころわさわさするブラックさ! やすなとソーニャのリズム感ある漫才に脚光が当たりがちな「キルミー」の底に漂う「あまり深く考えちゃいけない部分」に気づいている読者であれば、この「カガクチョップ」もきっと楽しめるはず。

 また「ガチで怖い。ともすればピロシキ」とネットでも話題になった「キルミー」7巻、廃ビルと化したスルメ工場探索回のように、「カガクチョップ」の作風が「キルミー」にフィードバックしているのではないかと思われるところも多々あるので、全キルミスト必読の書と言ってよいでしょう。

 しかし今にして思えば、第2話でネズミの原型をとどめないほどにまで挟みつぶす「パワーマウストラップ」が出てきた時点で本作の可能性に気づくべきでした。



オーソドックスだけどよく考えられたオチ

 さて、ここまで盛本さんや人工サンタのようにとがった部分ばかり紹介してきましたが、「8ページ1話完結」という全体構成の中で本作のオチのつけ方は意外にオーソドックスでもあります。

 けれど、ベタなオチからダジャレオチ、考えオチ、2段オチ、爆発オチなどそのパターンが非常に豊富なこともあって読んでいて飽きることありません。ショートストーリーは4コマとはまた違った展開の難しさがあると思うのですが、普段オチに悩みながら虚構記事を書いている社主として、「毎回よく考えておられるな」とカヅホ先生の技量には感心することしきりです。

 読み手を選びつつ選ばない「カガクチョップ」、ぜひおちカガク(近く)のチョップ(ショップ)でお求めください(相当に苦しいダジャレオチ)。

 今回も最後までお読みくださりありがとうございました。



(C)カヅホ/COMICメテオ (C)フレックスコミックス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー