ニュース
» 2015年06月05日 14時44分 UPDATE

baidu、Google抜きを発表したAIテストに誤りあったと謝罪・修正

AIの画像認識能力は人間を越えていた。

[林健太,ねとらぼ]

 中国・検索大手の「baidu(百度)」は、人工知能(AI)に関する性能テストの結果がグーグルの持つ世界記録を上回ったと発表した論文について、ミスがあったとして謝罪、注釈を付けるなどの修正を行った。

 baiduが行ったテストは、ソフトウェア会社のIMAGENetの画像認識テスト。誤認識率の低さを評価するもので、テストに慣れた人間が約5%なのに対して、Googleのソフトは4.8%を下回り、Microsoftも4.94%という人間を上回る性能を記録していた。百度は論文で4.58%と発表し、Googleを抜いたとされていたが、テスト回数に問題があった。

バイドゥ 日本では現在検索サービスを停止しているbaidu

 テストでは、回数を増やすことでソフトがテストに慣れて誤認識率が下がって有利になるため、回数が厳密に定められていた。baiduは、この規定回数を大幅に上回る回数のテストを行ったと指摘され、今回の謝罪と論文の一部に注釈を追記するなどの修正を迫られた。

バイドゥ 修正に関するお知らせ

 baiduがテストに挑んだのは、北京にある独自開発のスーパーコンピュータ「Minwa」。脳の神経回路をモデルにした「ニューラルネットワーク」でデータを処理する「ディープラーニング(深層学習)」の手法をとっていた。

 各社の記録は、Microsoftが2015年2月に初めて人間の画像認識能力を上回る結果を記録し、そのわずか1カ月後にGoogleが記録を更新したばかり。今後も各社のし烈な競争が進んでいきそうだ。

バイドゥ 野菜だけでも細かいカテゴリー分けが

林健太

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー