ニュース
» 2015年06月08日 18時39分 UPDATE

鉄道ファンが集結した「西武・電車フェスタ2015 in 武蔵丘車両検修場」に行ってきた!

イベント盛りだくさんな電車フェスタを見て来たよ。

[伊織舞也,ねとらぼ]

 埼玉県日高市にある西武鉄道最大の車両検修施設「武蔵丘車両検修場」では、2002年以降は一般公開イベント「西武・電車フェスタ」を開催しています。普段は見ることのできない車両検修作業の見学などが可能で、毎年1万人以上が訪れる人気イベントとのこと。2015年は西武鉄道池袋線開業100周年にあたる年であるため、100周年記念展示のコーナーもあり、西武鉄道広報部の話によると今回の参加者は1万3000人と大盛況だったようです。

画像 臨時電車と武蔵丘車両検修場のホーム

 イベントは入場無料で、相互乗入れをしている横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街駅や、西武鉄道の池袋駅、所沢駅、飯能駅から直通で会場の武蔵丘車両検修場まで訪れることができる臨時電車がありました。また、飯能駅からの無料送迎バスがあり、午前9時〜正午は最寄りの高麗駅(徒歩12分ほど)から歩いて向かう人にはオリジナルのクリアファイルが配布されるなど、鉄道ファンにはうれしいイベント。鉄道部品の販売もあり、熱心なファンはイベント前日から並んでいたそうです。

画像 高麗駅からは西武鉄道の職員しか通れない通路で訪問できるというのもレアなのです

画像 太陽光発電もして電車の運行に役立てています

画像 入口付近にも100周年のパネルあり

画像 開場直後はみんなお目当ての場所へ行っていたので、無人だった休憩スペース

 メンテナンスのために電車を横に動かす「トラバーサー」への乗車体験(「西武 トラバーサー」で画像検索をすると過去のフェスタで電車を乗せたまま動かしている写真も出てきます)、保線作業車乗車体験、乗務員室見学、鉄道模型展示などが特に大人気でした。

画像 人気で迫力あるトラバーサーは西武鉄道の方もおすすめしていました

 普段はじっくりと見ることができない電車の屋根の上を見学できたり、過去に使われていたヘッドマークなどの展示、子ども向けのミニSL乗車や武蔵横手駅から来たヤギの「はな」とのふれあい、非常通報体験やブレーキ操作体験、鉄道模型展示などなど、参加者を楽しませようという感でいっぱいです。

画像 電車屋根上見学では間近からパンタグラフも見られます!

画像 こ、これはかなりのレアなのではという感じのアイテム

画像 鉄道むすめのポップもありました

画像 アニメ「ヤマノススメ」にも登場した飯能市のゆるキャラ夢馬(むーま)くんもいました

画像 電車の車輪転がし体験イベントで元の位置まで戻す職員さん。ご苦労様です!

画像 西武鉄道の車輌が走っていた鉄道模型

画像 西武鉄道のエコパートナーであるヤギの「はな」は大人気でした

 トラバーサーを利用したステージでは、日高市のお隣である飯能市からの出演者も活躍。飯能出身フォークシンガー・稲垣伸一さんのミニライブや飯能第一中学校吹奏楽の演奏などが行われて人気を博していました。吹奏楽演奏は全員ネコ耳っぽいリボン(?)を装着していたというのもあって注目を浴びていた感があります。

画像 子どもたちに人気のミニSL

画像 おもてなし隊の2人も参戦していました

画像 飯能吹奏楽部の演奏

画像 ゆるキャラたちが大集合したステージも

 正午から行なわれた約30分の電車撮影会は、西武鉄道30000系「池袋線開業100周年記念ヘッドマーク付きラッピング電車」と、西武池袋線と相互直通運転をしている東急電鉄5050系4000番台「Shibuya Hikarie号」を並べての展示とあって、レアな光景を撮影をしたい人たちで長蛇の列ができました。

画像 100周年記念ヘッドマーク付きラッピング電車とShibuya Hikarie号

 西武鉄道では、毎年8月頃には南入曽車両基地、10月頃には横瀬車両基地で一般公開イベントを行っているので、気になる人は西武鉄道の公式サイトを要チェックですよ。

(伊織舞也)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう