ニュース
» 2015年06月10日 22時05分 UPDATE

「倒れていますよ!」→寝ているだけだった 盛岡市動物公園にとんでもない寝相の動物たちがいると話題に

なぜこんな寝相なのか。

[高橋史彦,ねとらぼ]

 岩手県・盛岡市動物公園の公式Twitter(@moriokazoo)が投稿した“園内で発生したとある事件”が注目を集めていました。


 その内容はこちら。

コールダックの池の前が人だかりになっていて「一羽倒れていますよ!」と声を掛けられました。なんだかこのフレーズ、前にも聞いたような…と思いながら見に行くと、やっぱり。ぐっすり眠っております。なぜこんな寝相なのでしょう…

 ツイートは2万5000回以上RTされ、大反響となりました。良かった。病気のコールダックはいないんだ。……それにしてもすごい寝相ですね。


 ところで、「なんだかこのフレーズ、前にも聞いたような」とありますが、それは今年3月のこと。やはり来園者から「ラクダが倒れてる!」と呼ばれて、慌てて見に行ったところ、とんでもない格好で寝ている1頭を発見。声をかけても触っても起きないほど熟睡していたそうです。「死んだように眠る」という表現はこんな時のためにあるのかもしれません。

 同園の担当者によると、こうした寝相による声掛け案件はごくたまにあるとのこと。今回の大反響には「正直びっくりしている」とコメントしていました。今後もTwitterは活用していくそうなので、まだまだいろんなネタが出てきそうです。

盛岡市動物公園の寝相シリーズ

画像 コールダックさん

画像 ラクダさん

画像 アカカンガルーさん

画像提供:盛岡市動物公園

高橋史彦

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう