ニュース
» 2015年06月11日 09時54分 UPDATE

指紋照合ができる! 盗聴器発見ができる! 現場検証もできる! 「探偵カフェ」で探偵体験をしてきた

探偵カクテルのほかに、ワニ肉やサボテンも食べられるぞ。

[朝井麻由美,ねとらぼ]

 誰もがかつて一度は探偵に憧れ、そして夢破れてきたことと思う(筆者調べ)。殺人事件が起これば、自分にだってじっちゃんの名にかけた推理ができると信じて疑わなかったし、いつ体が縮んで見た目は子どもで頭脳は大人の名探偵になってもいいように心の準備は万全にしてきた。後に、探偵の仕事のほとんどは殺人事件の解決ではなく浮気調査や人探しで、そもそも普通はあんなに頻繁に殺人事件に遭遇することもないと知る。とはいえ、私は今でも「探偵」の二文字に心ときめくのは変わっていない。

 そんな大人おあつらえ向けのカフェ&バーが、池袋にある。「探偵Cafe プログレス」(探偵カフェ)だ。なんと、お店の中で盗聴発見体験や、指紋採取体験ができるのだという! そればかりか、店員さんはすべて現役の探偵さんという本格ぶり。

 この店でできるのは、飲食のほかには、現場検証体験(無料)、マグショット撮影(無料)、盗聴発見体験(無料)、指紋採取体験(800円)、探偵の調査サンプル動画試聴(無料)、浮気調査報告書の閲覧(無料)。※お昼のカフェタイムは現場検証とマグショットのみ

 お店に入ると、さっそく床に現場検証の白いアレが! 聞いてみると、この白線には特に名称はないのだそう。探偵カフェ内では、便宜上「白線くん」と呼んでいるらしい。


画像 探偵のいる殺人現場はこうでなくちゃ!

 さっそく、ルーペを借りて現場検証をしてみる。


画像 コナンだとここで目暮警部とかが登場するお決まりのシーン

 せっかくなので、死体にもなってみた。


画像 誰が殺したんだよバーロー

 現場検証で使われる文字の置き物は、「予約席」を示すのに使われることもあるのだそう。


画像 ヨヤク

 ちなみに、白線同様、この文字の置き物にも名称はなく、どの文字が現場に置かれるかにも特に意味はないのだという。事件の報告書を書く際に、「現場の“イ”にあったホニャララ(証拠品)」などといった言い方をするが、この文字が“イ”でも“ケ”でも何でもよく、アルファベットや数字が使われることもあるようだ。


画像 店の奥にいた松田優作の人形と乾杯してみた

画像 探偵にまつわる名のついたカクテルもたくさん。写真はお店を代表するカクテル「プログレス」

 現場検証と死体ごっこで、探偵役・被害者役を体験できるだけでなく、マグショット撮影をすれば犯人役もできる。マグショットとは、アメリカで逮捕されたときに身長計の前で撮影される写真のことで、「顔」を表すスラング「mug(マグ)」から転じて、「ごろつき」、「ならずもの」という意味も持つと言われている。


画像 犯人ごっこ

 次は盗聴発見をやってみることに。なお、ここから先はすべて、午後7時からのバータイムのみで体験できるものである。

 ものものしいケースから出てきたのは、盗聴器と発見器。


画像 この盗聴器は大きめだが、世の中にもっと小型ものは山ほど存在する

 盗聴器がスタッフさんの手によって隠されたら、発見器を持って店内の捜索開始。盗聴器のマイクの部分と、発見器のスピーカーの部分を近づけて、「ポーーーー」とハウリングさせて見つける仕組みになっている。


画像画像 10分ほどで発見

 次は指紋採取体験。ちなみに、指紋採取や盗聴発見は、同店のプロデューサー兼責任者である鈴木氏が探偵学校の講師をやっていたとき、もっとも生徒ウケがよかった授業がこの2つだったため、探偵カフェにも取り入れたのだそう。


画像画像 写真左が指紋採取の道具。写真右が体験用の証拠品が入った箱

 指紋採取は様々な方法があるが、ここでできるのは、タンポというフワフワした道具で、指紋のついた証拠品にアルミの粉をつけていくやり方。アルミの粉をしっかりつけると、砂絵のように指紋が浮かび上がってくる。手から付着した蛋白質の部分にアルミの粉がくっつくのだ。


画像 タンポでアルミの粉をつける

 指紋が浮き上がってきたら、体験用の容疑者リストと照らし合わせて犯人を特定していく。闇雲に照らし合わせても時間がかかるため、指紋の形状の3タイプ(弓型、蹄型、渦型)のうち、同じ形状の犯人だけを絞り込む。


画像 指紋の照合

画像 ちなみに、筆者は蹄状紋だった

 なお、リストの中には、「盗んだバイクで走り出す窃盗罪」で補導されている容疑者もいた。たぶん、15歳のときの夜の出来事だったんじゃないかと思う。


画像 夜の校舎の窓ガラス壊して回った器物損壊罪でも補導経験がある

 ちなみに、探偵とは無関係だが、鈴木氏(本店のプロデューサー)の趣味で変わったメニューがあるのも同店の特徴。なぜかワニとサボテンの料理が食べられるのだ。特に、ワニのタンはプルプルとした食感で脂っぽいのだが、脂自体がさっぱりしていていくらでも食べられる味。サボテンは、知っている中で一番近いのは茎ワカメだった。


画像画像画像 左から「ワニの腕のシチュー」、「ワニタンのソテー」、「サボテンタコス」

 ところで、そもそもなぜ現役の探偵が、こんなエンターテインメント色の強いカフェをやっているのだろうか。現役探偵でもあるプロデューサーの鈴木氏は言う。

「普通、困ったことがあった! じゃあ探偵に相談しよう! とはなかなかならないですよね。怖いかも、変な組織かも、料金が高いのかも、というイメージがあって敷居が高い。探偵がテーマにされている漫画やドラマが多いわりには、その実態はほとんど知られていません。それを身近に感じてもらうために、お店の形にしたんです」(鈴木氏)

 実際にこの店に来て、後日改めて調査依頼に来たお客さんも少なくないのだという。

 最後に、探偵業の要でもある、浮気調査のサンプル動画やサンプル報告書を見せてもらいながら、調査のポイントや、相談の際のコツを教えてくれた。


画像画像 意外と面白い調査動画。ちなみに店内で、浮気調査を調べるキットも販売している

 なお、調査の際にバレずに映像を撮る方法や、尾行の仕方などを隙あらば聞き出そうと試みるも、肝心なところははぐらかされてしまった。カフェから調査依頼への流入システムといい、いちいち抜け目ないスタッフの探偵たち。探偵という職業にますます心をときめかせたひとときなのであった。

朝井麻由美(@moyomoyomoyo)。フリーライター・編集者・コラムニスト。ジャンルは、女子カルチャー/サブカルチャーなど。ROLa、日刊サイゾー、マイナビ、COLOR、ぐるなび、等コラム連載多数。一風変わったスポットに潜入&体験する体当たり取材が得意。近著に『ひとりっ子の頭ん中』(KADOKAWA中経出版)。構成書籍に『女子校ルール』(中経出版)。ゲーム音楽と人狼とコスプレが好き。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー