新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年06月12日 20時37分 UPDATE

太陽誘電、CD-Rなど光記録メディア事業から撤退

「THE 日本製」のThat'sブランドが消える――各方面から悲しみの声が寄せられています。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 太陽誘電は6月11日、CD-R、DVD-R、BD-Rなどの記録メディア事業から撤退し、2015年12月末に販売を終了すると発表しました。この発表が思わぬところで波紋を呼んでいます。

画像

 太陽誘電と聞いてピンとこなくても、「That's」ブランドの記録用ディスクはきっと一度は手に取ったことがあると思います。太陽誘電は1988年に世界で初めてCD-Rを商品化した企業で、DVD-RやBD-R LTHなどの光記録メディアを製造・販売し続けてきました。同じく光記録メディアを手がけるビクターアドバンストメディアは同社の子会社で、太陽誘電と同時に販売終了、事業撤退を発表しています。

ay_thats02.jpg 太陽誘電の光記録メディア。お世話になった人は多いはず

 日本製のメーカーとして信頼度の高い光記録メディアを製造してきたトップメーカーですが、近年はHDDの大容量化やクラウドサービスの普及により、光記録メディアの市場縮小が続き、苦戦が続いていました。しかし市場の縮小が想定以上に早いこと、また、原材料価格高騰により、今回記録メディア事業からの撤退を決定したそうです。

 老舗国産メーカーの撤退ということもあり、Twitterでは悲しみの声が多く聞こえています。特に同人音楽界隈では昔から愛用されてきたメーカーということもあり、「太陽誘電さんのCD-Rなくならないで!太陽誘電に届け!同人音屋さんたちの叫び!」と題したtogetterまとめも注目されています。

ay_thats01.jpg 中でも同人音楽のクリエイターたちの嘆きは深い

 今回の撤退発表は各方面のユーザーを震撼させるとともに、改めてThat'sブランドの光記録メディアへの信頼の厚さを示す結果となりました。これだけユーザーに愛されている製品が消えてしまうのは寂しい限りです。

植木 鉢

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー