ニュース
» 2015年06月15日 18時14分 UPDATE

「京都生協の働く仲間の会」名乗るアカウント、福島めぐるツイートで物議醸す 京都生協「一切関わりない」

福島県産の桃のジュースを飲んだ人に対し「福島の桃ですか? 大丈夫ですか? 福島に住んでいるんですか? 大丈夫ですか?」とリプライを。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「京都生協の働く仲間の会」と名乗るTwitterアカウント(@BIWAKOnoMIZU)が福島県に対する風評被害をもたらしかねないツイートを投稿し、ネット上で物議を醸しています。

 同アカウントは6月14日、福島県産の桃果汁100%ジュースを飲んだという別アカウントのツイートに対し、「福島の桃ですか? 大丈夫ですか? 福島に住んでいるんですか? 大丈夫ですか?」というリプライを投稿。Twitter上では「京都生協ってこんな認識の人ばっかなんかな?」「京都生協さん大丈夫ですか?」と、京都生活協同組合の関係者が風評被害のような発言をしたとして批判が相次ぎます。

画像 Yahoo!でもリアルタイム検索キーワードとして「京都生協」が上位に

 一方で、同アカウントはプロフィールには「原発反対などでがんばっています」とあるだけで、ツイートも政治的発言がほとんどと、京都生協とは関連性が薄そうです。「京都生協を名乗ってるけど別に公式アカでもなんかの代表でもなんでもない感じがする」「中の人は本当に関係者なんだろうか」と、同アカウントは京都生協とは無関係なものではと疑いの声が多く上がっていました。

画像 「京都生協の働く仲間の会」プロフィール

 京都生協本部に確認したところ、同アカウントは京都生協、京都生協の労働組合に所属している人とは一切関係のないものとのこと。ただしツイートを投稿している人物は、過去に京都生協でアルバイトとして雇用し、3カ月の試用期間の末に打ち切った人である可能性が高いそうです。組合では同アカウントにどのような対応を取っていくか現在検討しています。

画像


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう