ニュース
» 2015年06月15日 18時57分 UPDATE

オート三輪電気自動車 国の認定を受け販売へ

19年ぶりの自動車メーカー誕生。

[林健太,ねとらぼ]

 神奈川県・川崎市のベンチャー企業「日本エレクトライク」が開発していた1人乗りの三輪電気自動車が、国の認定を受け正式に販売されることになりました。「ALWAYS 三丁目の夕日」などでもお馴染みの、前輪1つに後輪が2つ、いわゆる「オート三輪」が、電気自動車として復活します。

オート三輪電気自動車 日本レレクトライク」Webサイトより

 家庭用コンセプトで充電できるリチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離は約30キロと60キロの2タイプ。農作業や配達などの短距離での業務用途が想定されています。積載量は軽自動車並みで、キロ1.2円で走行可能です。

 また、カーブ時に不安定になるという従来の三輪自動車の問題点も解決されています。2つの後輪に個別に制御することで、カーブの方向に合わせて片側にトルクをかけ、前輪と後輪が同円周上を通って安定したコーナリングができるそうです。最小回転半径は2.8メートル。

 航続距離を確保するため、エアコンは搭載されていません。夏は薄着で、冬は防寒着で、エコドライブができそうです。

オート三輪電気自動車 日本エレクトライク」Webサイトより

林健太

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう