ニュース
» 2015年06月16日 06時00分 UPDATE

なにこれロマンチック 食べられる花を使ったお花畑のような「花のババロア」にTwitter女子たちときめく

これはときめかざるを得ない。

[ちぷたそ,ねとらぼ]

 エディブルフラワー(食べられる花)を使用した新スイーツ、「フラワーババロア」を販売する「花のババロア havaro」が人気を集めています。


画像 これはロマンティックが止まらない

 ババロアにふんだんに使われた「エディブルフラワー」とは食用花のこと。特殊な品種の花というわけではなく、安心して食べられるようにつくられたお花のことです。ビタミンやミネラルを豊富に含むヘルシーな食べ物として人気が高まっており、現在ではパンジーやキンギョソウといった花壇でおなじみの花も含んだ年間30種類もの花が食用花として育てられているそうです。


画像 1番大きなサイズの「ブーケ」は花束の意味。ネーミングもステキすぎる

 今年の5月に東京一番街にオープンし人気店となった「花のババロア havaro」。季節や入荷状況によって変化する花のババロアは、「ブーケ」(直径15センチメートル)、「フルール(直径約70ミリメートル)」、「ペタル(35ミリメートル角)」の3サイズで展開。お花の味が一番楽しめる「バニラヨーグルト」、苺のピューレと生クリームを使用した「フレーズ」「オレンジ」「ショコラ」「クリームチーズ」「抹茶」の6種類のフレーバー展開です(※サイズによって選択できないフレーバーがあるので注意)。TwitterなどのSNS上でも、はやくも人気が高まっています。







 新たな東京名物として注目が集まる「フラワーババロア」。食べたい……けど東京は遠い……という方のために通販があるとうれしいところですが、現在は輸送中の型崩れなどを考慮し行っていないとのこと。ですが、現在お店では配送できる商品の開発を試作、考案中ということなので、東京が遠いという方も期待して続報を待ちましょう!


ちぷたそ) 


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう