新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年06月17日 22時59分 UPDATE

グリコ乳業のアニメCM「おなか姫」 作画やストーリーがハイクオリティで続きが気になる人続出

ディレクターはamazarashiのMVなどのYKBXさん、脚本は「つみきのいえ」の平田研也さんなどスタッフも豪華。

[真狩祐志,ねとらぼ]

 グリコ乳業のビフィズス菌飲料「BifiX1000」のアニメCM「おなか姫」が、作画やストーリーなど凝った作りで「続きが気になる」と注目を集めています。公式Facebookページで5月15日に公開された第1話は100万再生を突破、約3500人の「いいね!」を集めるなど人気に(6月17日現在)。6月16日に待望の第2話が公開されました。

 舞台は、女性を美しくする能力をもった「おなか姫」が存在する王国。「おなか姫」として活躍していた王妃は、双子の姉妹を産むと引き換えに他界してしまいます。2人が成人すると、国王は姉のベリーを「おなか姫」になるよう任命。亡き母の意志を継いで「おなか姫」になることに憧れていた妹のフローラは、素質があるのに選ばれなかったことに納得できず、仲良しだった姉妹には確執が生まれ……というストーリー。果たしてフローラは自分の夢と姉との絆、どちらを選択するのでしょうか?

画像 成人を迎えたフローラ(左)とベリー(右)。王宮の背景も細かい……!

画像 「おなか姫」が女性を美しくするのに使う道具が、完全にアレ

 「おなか姫」が女性を美しくする道具が「BifiX1000」そっくりだったり、姉妹のネーミングが「腸内フローラ」と「ブルーベリー」を思わせたりと、随所に商品との関連性も見える同CM。Facebookのコメントでは、「新しいアニメ? だと思いきやCMだった」「なんだこの妙にキレイな作画」とアニメーションの質の評判が高いほか、「続きがとっても見たい! 楽しみ!」「んー早く見たい3話!!」とストーリーが気なる人が続出しています。

画像 公式サイトではキャラ紹介も公開中

 制作陣も実は豪華。監督は、アヴリル・ラヴィーンのミュージックビデオ(MV)などを手がける菊池久志さん。ディレクターは、amazarashiのMVで知られるYKBXさん。脚本は、アカデミー賞短編アニメーション部門を受賞した「つみきのいえ」などの平田研也さん(ROBOT)などなど。アニメーション制作は、「荒川アンダーザブリッジ」「がんばれ!ルルロロ」といったECHOES(代表:児玉徹郎)が担当しています。

 第3話の公開は8月中旬を予定しているとのこと。一体どちらが「おなか姫」になるのか、続きが気になる……!

(真狩祐志)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事