新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年06月20日 19時57分 UPDATE

これぞロマン…… 「ナスカの地上絵」と「蚊取り線香」の融合がステキすぎる

文化と時代の融合です。

[太田智美,ねとらぼ]

 紀元前200年から紀元後800年のナスカ文化の時代に描かれたとされる「ナスカの地上絵」。「ナスカの地上絵」とは、上空からでないと何が描いてあるかが分からないような数キロメートルにも及ぶ巨大な模様で、そのほとんどが一筆書き。クモやハチドリ・サルなどの動物が多く描かれている。

 そんな「ナスカの地上絵」をモデルとした籠谷シェーン(@kago2touhey)さんの作品「ナスカの夏、ペルーの夏」が今、Twitterで話題となっている。


画像 画像提供:籠谷シェーン(@kago2touhey)さん

 この作品は一見蚊取り線香に見えるが、実は木の板をカットして塗装したもの。モックアップのため実際に蚊取り線香として使うことはできないが、飾っているだけでもずっと眺めていたくなるような何か特別なものを感じてしまう。



 聞けば、「夏と言えば蚊の季節なので、一筆書きの『ナスカの地上絵』が蚊取り線香になったら面白いかな」と思い制作に至ったのだとか。あまりに反響があったため、現在蚊取り線香としての商品化を構想中だという。

 ナスカの地上絵型蚊取り線香、実現したら時代や文化を超えた少し不思議でステキな空間が生まれそうだ。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー