ニュース
» 2015年06月22日 09時57分 UPDATE

渡辺棋王、叡王戦への不出場は「総合的に考えて判断」 ブログで説明

「どこかから要望があった訳ではなく自分で決めたこと」とも。

[ねとらぼ]

 渡辺明棋王は、ドワンゴ主催の第1期「叡王戦」に出場しない理由について、「様々なことを総合的に考えて判断」したと自身のブログで説明している。

ah_eiou1.jpg 渡辺明棋王のブログ

 「裏を返せば出場する棋士や棋戦への異議になりかねない」ため、出場しない理由を具体的に書くことは避けたが、「どこかから要望があった訳ではなく自分で決めたこと」と明記している。次回についてはまたその時点で考えるとしている。

 叡王戦はドワンゴと日本将棋連盟が主催する新たな棋戦。6月20日からスタートした。全現役プロ棋士159人中154人がエントリーしている。羽生善治四冠、渡辺明棋王は出場していない。

ah_eiou0.jpg 叡王戦

 叡王戦の優勝者には「叡王」の称号が授与され、叡王は、11月に開催する「第3回将棋電王トーナメント」で優勝した将棋ソフトと対局する「電王戦」に臨む(関連記事)。

ah_eiou004.jpg
ah_eiou003.jpg
ah_eiou002.jpg
ah_eiou001.jpg
ah_eiou006.jpg
ah_eiou005.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう