ニュース
» 2015年06月22日 21時15分 UPDATE

動物園の飼育員たちの間で「ジュラシック・ワールド」の再現写真が流行中 日本からは長崎バイオパークが参戦

\( ・`ω・´)/

[高橋史彦,ねとらぼ]

 長崎県の動物園「長崎バイオパーク」の飼育員が、映画「ジュラシック・ワールド」のワンシーンを再現して注目を集めていました。公式Twitterでいろいろなバージョンを公開しています。


 「ジュラシック・ワールド」は、現代に恐竜を蘇らせる人気SF映画「ジュラシックパーク」シリーズの第4作。14年ぶりの新作とあって、北米では6月12日に公開されると史上最高のオープニング興行収入(約644億円)を記録するなど大ヒットしています。

画像 元ネタ(C)Universal Pictures and Amblin Entertainment

 予告編の冒頭に主人公のクリス・プラットが3頭の恐竜を制するシーンがあるのですが、これがじわじわくるとネットで人気に。そして、17日にオーストラリアのある飼育係がゾウアザラシ相手に撮影したパロディ写真を投稿したところ、動物園クラスタで大ヒット。各地の飼育員が続々と投稿するお祭り騒ぎになりました。


 

 最新の状況はハッシュタグ「#JurassicZoo」「#jurassiczookeeper」などで確認できます。この世界的なブーム(?)に日本の動物園も加わらないかな……と待機していたら、長崎バイオパークが参戦! 6月20日のラマにはじまり、カピバラ、ダチョウ、コモンリスザル、オオカンガルーなど次々に投下してくれました。


 同園によると、こちらは若手の飼育員が「流行っているからやってみよう」と提案したもので、各動物の担当者が協力して実現。元ネタの再現に苦労するシーンもあったそうです。

 ちなみに、同園といえばVine(6秒動画)の巧者として有名。モルモットの帰宅ラッシュやスイカを丸ごと食べるカバなどは、世界で評価されています。こうしたSNSは、若手〜中堅のスタッフ3人で運用しているそうで、取材時には「地方の動物園が世界の方々に認めてもらえるなんて良い時代になりました」とコメントしていました。

長崎バイオパーク×ジュラシック・ワールド

画像 ラマ(画像提供:長崎バイオパーク)

画像 カピバラ

画像 ダチョウ

画像 コモンリスザル

画像 オオカンガルー

画像 制止するまでもない方々

高橋史彦

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  6. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 湖西線・志賀駅のホームが超積雪 電車ドアが開くと雪の断面ドーンな動画が話題
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー