ニュース
» 2015年06月23日 15時35分 UPDATE

NASAの土星探査機が撮影したトリプル三日月が幻想的で美しい 宇宙の広大さに思いをはせる

地球からは見られない光景に感動。

[高城歩,ねとらぼ]

 アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)によって開発された土星探査機カッシーニが撮影した写真が幻想的です。なんとトリプル三日月の撮影に成功しています……!


画像 NASA公式サイトより

 カッシーニが5月25日に撮影した写真に浮かび上がる3つの三日月。実は厳密に言うと「月」ではなく、土星の衛星が3つ同時に見えているのです。1番大きいものは土星の第6衛星・タイタン、2番目に大きいものが第5衛星・レア、下の方に小さく映るのは土星の第1衛星・ミマス。写真はタイタンからおよそ200万キロメートル離れている地点から撮影したのだそうです。

 衛星を包む濃い大気と雲によってタイタンは少しぼやけていたり、レアの前半球はクレーターが多く明るいため表面が荒く見えているなど、写真をよくよく鑑賞してみると各衛星ごとに特徴が見受けられて面白いですね。地球からは決して見ることのできない美しい光景。宇宙の広大さにしばし思いをはせてみては?

ah_casi.jpg カッシーニ(Credits: NASA/JPL-Caltech)

高城歩

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう