ニュース
» 2015年06月24日 19時04分 UPDATE

和歌山電鉄の三毛猫「たま駅長」死ぬ

担当者「老衰だと思う」

[ねとらぼ]

 和歌山電鉄・貴志駅の三毛猫「たま」駅長が6月22日、急性心不全で死んだ。16歳だった。日本国内だけでなく海外でも有名で、駅長を務める貴志駅には多くのファンが「たま」に会いに訪れていた。

たま駅長 書籍出版記念でのたま駅長とニタマ駅長(写真は和歌山電鉄より)

 最近のたま駅長は、鼻炎のため休養しており、代わりにニタマ駅長が貴志駅長代行業務を行っていた。

 担当者によると「急性心不全が直接の死因だが、老衰だと思う」とのこと。28日午後12時30分から貴志駅で社葬を営む。

たま駅長 和歌山電鉄のWebサイトにもたくさんの「たま」駅長

たま駅長 ウルトラ駅長の「たま」駅長の特設サイトも

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう