ニュース
» 2015年06月25日 19時10分 UPDATE

サムスン考案のスケスケトラックが実は真面目なプロジェクトだった件

とっても真面目でした。

[ねとらぼ]

 サムスンが作った「スケスケ」なトラックが話題になっています。

ay_samsung01.jpg 一見普通の、長〜いトラック
ay_samsung02.jpg 後ろから見ると、4つのディスプレイが付いています。これがポイント
ay_samsung03.jpg 夜間はこんな感じ

 こんな感じ。トラックの前がスケてる!

 一見普通の大型トラックなのですが、後ろから見ると大きなディスプレイが4つ付いているのが最大の特徴。トラックの前面にワイヤレスカメラが付いていて、走行中に前方を撮影し、その画像をそのまま後ろのディスプレイでストリーミングする……というシンプルな仕組みです。

 このトラックの狙いは、交通事故を減らすこと。片側一車線で追い越し車線がない道路で、ゆっくり走る大きなトラックの後ろに付いてしまうと、抜きたいが前が見えない、という状況になります。このとき、前が見えないのに無理をしてトラックを追い越そうとした結果、反対車線を走ってきた車にぶつかって交通事故が起こる……というのはよくある話。このトラックなら、トラックの前が見えるので追い越しをしても危なくない、事故が防げるという目的で作られました。

 サムスンは現在、アルゼンチンにこのトラックを持って行き、路上でトラックの実走テストをしています。アルゼンチンは世界でワースト5に入る交通事故の多い国であり、事故がもっとも多いのが片側一車線での追い越しで起こるケースなのだそう。

ay_samsung04.jpg

 安全なスケスケトラックはとてもいいアイデアですが、問題は「トラックごとに大型ディスプレイを4枚付けにはお金がかかりすぎる」という点。直接利益を生むわけではないので、運送会社にしてみれば大規模投資は難しいところです。しかしサムスンは、大型ディスプレイのサンプルを提供したり、法律に準拠NGOと協力するなどしながら、前向きにこのプロジェクトに取り組んでいるそうです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう