新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年06月30日 14時50分 UPDATE

新種の恐竜卵の化石、兵庫県丹波市で発見 「ニッポノウーリサス・ラモーサス」と命名

ロマンを感じる。

[高城歩,ねとらぼ]

 兵庫県丹波市山南町に分布する篠山層群で、日本初発見を含む5種類の小型恐竜の卵殻化石が確認されたと、兵庫県立人と自然の博物館が発表しました。うち1種類は、新卵属・新卵種であることが明らかになったとしています。


画像 兵庫県立人と自然の博物館公式サイトより

 新卵属・新卵種の恐竜のタマゴは「ニッポノウーリサス・ラモーサス」と命名。Nipponは「日本」、Oolithusは「卵の石」という意味のギリシャ語。Ramosusはラテン語で「枝分かれした」の意味で、卵殻外表面の特徴的な装飾模様に由来します。

 ほかには1種類のハドロサウルス類の卵殻、日本初発見となる3種類の獣脚類恐竜の卵殻が確認されています。恐竜卵殻化石の報告に乏しい日本で、5種類の卵殻化石が確認されたのは特筆すべき出来事とのこと。


画像 ロマンを感じるよね

 同博物館とカルガリー大学の研究者がこの研究成果をまとめた論文が、6月29日付けの学術誌「Cretaceous Research」に掲載。論文の出版に合わせて7月21日から8月31日まで「兵庫県立人と自然の博物館」にて化石の臨時展示を行うほか、クリーニングを完了させたのち、追加論文を出版する予定です。

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー