ニュース
» 2015年06月30日 15時43分 UPDATE

未来の羊羹ってどんなモノ? とらやが真剣に考えてみたよ

羊羹(ようかん)もシェアする時代が来る!

[ねとらぼ]

 老舗の和菓子店・とらやの東京ミッドタウン店ギャラリーでは、企画展「“みらい”の羊羹〜わくわくシェアする羊羹〜」を開催中。日仏3人のクリエイターと一緒にとらやが考えたみらいの羊羹(ようかん)が、期間・数量限定で販売されています。

「MONOGATARI」

ay_try03.jpg 特製羊羹「MONOGATARI」

 アートディレクターの渡邉良重氏がデザインした羊羹。百合、うさぎ、鳥、女の子、りす……と、切り分けるたびにさまざまな意匠が登場します。食べる人が思い思いに物語を想像し、楽しめる羊羹です。

 MONOGATARIの販売期間は6月27日から8月3日まで。価格は4320円(税込)です。

「SHIMAMOYO」

ay_try01.jpg 特製羊羹「SHIMAMOYO」

 テキスタイルデザイナー、須藤玲子氏がデザインした羊羹が「SHIMAMOYO」。太い縦縞と細い横縞を組み合わせ、3色の縞模様を重ねた羊羹です。切り分けたり、並べたりすることで、布地を広げたように新たなデザインが生まれます、とのこと。

 SHIMAMOYOの販売期間は6月27日から8月3日まで。価格は4320円(税込)です。

「SUEHIROGARI 紅白」「SUEHIROGARI 緑黒」

ay_try02.jpg 干羊羹「SUEHIROGARI 紅白」「SUEHIROGARI 緑黒」

 フランス人デザイナー、グエナエル・ニコラ氏がデザインを担当した干し羊羹が「SUEHIROGARI 紅白」「SUEHIROGARI 緑黒」。

 「末広がり」に通じ、縁起がよいと言われる扇をモチーフにしています。大勢で楽しく食べられるよう、一口サイズの干し羊羹を扇状に並べてあります。SUEHIROGARIの販売日時は、7月18日、8月1日の12時からで両日とも10箱限定。1箱8本入りで3240円(税込)です。


 これら3種類の「みらいの羊羹」。とらやでは「ご家族やご友人とわくわくシェアしながらお召し上がりください」としています。羊羹もシェアする時代かぁ……。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー