新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月01日 15時10分 UPDATE

ANA、羽田空港第2ターミナルに日本初の自動手荷物預け入れ機を導入

便利。

[ねとらぼ]

 ANA(全日本空輸)は7月1日、羽田空港第2ターミナル国内線出発カウンターに、日本初の自動手荷物預入機「ANA Baggage Dropサービス」を39台導入し、運用を開始しました。

ay_ana01.jpg ANA Baggage Drop
ay_ana02.jpg 羽田空港第2ターミナル国内線出発カウンター(イメージ図)

 これまで、飛行機に手荷物を預ける場合は有人カウンターで手続きをしていましたが、ANA Baggage Dropサービスではカウンターに並ばなくても、乗客が自分で機械を操作して、荷物を預け入れることができます。

 操作はANA Baggage Dropに(1)手荷物を置く、(2)チケット情報が書きこまれたQRコードやおサイフケータイ、ANA IC付きマイレージクラブカードを機械の右上にかざす、(3)手荷物タグが出力されるので、手荷物に貼る、の3ステップ。あとは自動的に扉が閉まり、荷物はセキュリティチェックを通って、機内に運び込まれます。

ay_ana03.jpg 画面を操作して手荷物を預ける
ay_ana04.jpg ANA Baggage Dropでは預け入れできないもの

 機械に表示される操作案内は、日本語、英語、中国語(繁体、簡体)、韓国語の4カ国語。ゴルフバッグやスキー・スノーボード、ベビーカーなど、ANA Baggage Dropで受け付けられない荷物はこれまで通り有人カウンターで受け付けるそうです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー