ニュース
» 2015年07月02日 21時30分 UPDATE

神奈川県大和市が「Ingress」の本格活用へ! 特設サイトを開設「市民の健康増進につなげる」

新たな自治体が参戦!

[高橋史彦,ねとらぼ]

 神奈川県大和市がこのたび、位置情報ゲーム「Ingress」を活用したプロジェクト「YAMATO de Ingress」の専用サイトを開設しました。

画像 YAMATO de Ingress

 大和市は今年5月に同プロジェクトを発表。Ingressを通じて同市をアピールするほか、市民の健康増進につなげるとしています。専用サイトでは、初心者でもすぐに楽しめるよう、ゲームをダウンロードするところから解説。印刷すると手のひらサイズに折りたたんで持ち運べる簡易マニュアルなどを掲載しています。今後は、市内のポータルを巡るコースやイベントを紹介していく予定です。

画像 初歩の初歩から解説

画像画像 簡易マニュアル→折りたたみver.

 担当者によると、プロジェクトが誕生したきっかけは今年2月に放送されたNHK「おはようニッポン」のIngress特集。これを見た大木哲市長が興味を持ち、秘書総務課が中心となって立ち上げたそうです。当初はメンバー全員が未経験でしたが、そこから徐々に交流の輪を広げ、現在は地元エージェントとも連携しているとのこと。

 主要メンバーは6人で、エンライテンド(緑)とレジスタンス(青)が半分づつ。ステータスを尋ねると、「レベルは緑側10・10・8、青側はのんびりプレイしています」との返答でした。神奈川県では横須賀市がIngressを活用しており、大和市は2例目になります。

画像 Ingress

高橋史彦

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  4. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  5. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  6. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  7. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  8. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  9. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる
  10. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー