新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月06日 15時14分 UPDATE

あの「姫川ゼルダ」再び! コミックシリーズ「ゼルダの伝説」が7年の時を経て帰ってくる

「時のオカリナ」を読んでいた世代も、大人になりました。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 1986年に第1作が発売されてから、HD版を含め20タイトルを世に送り出した任天堂の「ゼルダの伝説」シリーズ。そのコミカライズを1998年から2008年に渡り務めた漫画家、姫川明先生をご存じでしょうか。

ゼルダ コミカライズシリーズ第1作目「時のオカリナ」

 通称「姫川ゼルダ」と呼ばれ親しまれているシリーズは、小学館の学年誌「小学五年生・六年生」で連載。ゲームをプレイしていたファンを中心に根強い人気を誇っています。

 ゲームの設定だけに縛られない独特の世界観や、主人公リンクとその周囲の人物、敵対するモンスターや勢力までもを濃密に描いた作風は、当時の読者に「ひとつのゲームからこんな物語が生まれるなんて!」と衝撃を与えたのではないでしょうか。

 しかし、そのコミカライズは2008年の「夢幻の砂時計」で途絶えます。以降、今日に至るまでの7年間、続編に関する情報は“時が止まったよう”に発信されないままでした。

ゼルダ 10作目である「夢幻の砂時計」。作品ごとのリンクの描き分けもスゴイんです

 しかし7月2日、Twitterの「ゼルダの伝説」公式アカウントと、姫川明先生のアカウントから同時に「新作の執筆を開始しました」との投稿が!

 この報告にファンは歓喜。Twitterで話題になりました。

 姫川明先生の公式サイトにあるコラムには、連載再開について「SNSが始まってからの初めての漫画連載になりますね。小学生の時からずっと待ってくれた人、初めて読んでくれる人、多くのゼルダのファンの人達が楽しんでもらえるような漫画になるよう頑張ります!!応援よろしくお願い致します!」との意気込みも。

 同コミカライズの第1作目「時のオカリナ」上巻の刊行は2000年。当時小学校に入ってすらいなかった筆者ですが、まだ慣れていないニンテンドー64のコントローラを必死に動かしながら、コミカライズを読んでいたことを今でも思い出します。

 あのとき「子ども」だった方は「大人」になり、それでも思い出の中に強く「姫川ゼルダ」が焼き付いている方は多いのではないでしょうか。ゲームをプレイしていて、まだこのコミカライズを読んでいない方にはぜひともおすすめしたいシリーズです。

ゼルダ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー