新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月07日 22時30分 UPDATE

クリーチャージェネレーター? いいえ、Googleの人工知能「Deep Dream」の画像生成インタフェースです

人工知能が見る夢に介入できるぞ!

[高橋史彦,ねとらぼ]

 Googleが開発した深層学習(ディープラーニング)アルゴリズム「Deep Dream」を誰でも利用できるWebインタフェースが登場しました。

画像 サイト

 Deep Dreamとは人工知能を用いた画像処理アルゴリズムの利用例として、Googleが公開したオープンソースプログラムコードの1つ。指定した画像の中に予め学習していたパターンに似た領域があると、元画像を学習済みパターン画像で置き換えることでサイケデリックな画像を生成させることが特徴です(関連記事)。

画像 サイケデリック

画像 ぎゃあああ

画像 アートっぽい

 そもそもは人工知能研究者向けに公開されていたもので、実行には高度な専門知識が必要でしたが、このたびオズミックコーポレーション(VR関連技術の研究会社)とイントロンワークス(筑波大発ベンチャー)が共同で、実行環境をクラウド化。ネットで誰でも体験できるようになりました。

画像 ITちゃんを投稿してみた結果(※7月10日追記:画像生成が完了したので完成画像に差し替えました)

画像 ねこらぼver. そのうち変化するのでしょうか?→しました(※7月10日追記:画像生成が完了したので完成画像に差し替えました)

 サイトでやることは画像ファイルを投稿して、「Deep dream」ボタンを押すだけ。一定時間経つと加工が行われるようです。両社によると、公開初日に世界各地から約1万3000枚の写真が投稿され、日本からのアクセスは4.7%ほど。7日22時30分現在はファイル名から察するに7000枚近く処理されているようです。

 なお、同ウェブ上での画像加工結果や加工パラメーターなどについては人工知能研究者に無償公開する予定とのこと。




高橋史彦


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事