ニュース
» 2015年07月08日 09時24分 UPDATE

ペルー・ナスカ市街地で新たな地上絵 山形大が発見

24頭の動物の地上絵が発見され、大部分はラクダ科のリャマと考えられる。

[ねとらぼ]

 山形大学は7月7日、ペルー共和国のナスカ市街地で、新たな地上絵を2014年度の現地調査で発見したと発表した。

ah_nasuka1.jpg 写真
ah_nasuka2.jpg 写真を一部を加工したもの
ah_nasuka3.jpg 図版

 24頭の動物の地上絵が発見され、すべて丘の斜面に描かれており、大部分はラクダ科のリャマと考えられるという。最も大きい絵は全長およそ20メートル。パラカス後期(紀元前400〜紀元前200年ごろ)、有名なハチドリやサルの地上絵の前に制作されたと考えられる。

ah_nasuka4.jpg 写真
ah_nasuka5.jpg 図版

 同校によると、2013年度の現地調査で発見した17頭の動物の地上絵と合わせ、41点の地上絵がナスカ市街地の近郊に集中している。今後、ナスカ市街地が拡大するに伴って、地上絵が描かれた地区に居住地や畑が広がる可能性がある。同校は地上絵の保護・地上絵との共存のため、ペルー文化省などと協力して地上絵の分布域の確定や認知の向上を進めるとしている。

ah_nasuka8.jpg
ah_nasuka6.jpg
ah_nasuka7.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう