新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月10日 14時10分 UPDATE

パンダやゾウって夜は何してるの? 上野動物園「真夏の夜の動物園」、今年も開催

閉園時間を3時間延長、ビアガーデンもあるよ!

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 東京・上野動物園では今年も、閉園時間を夜8時まで延長し、昼間とは違う動物の姿を見ることができる「真夏の夜の動物園」を8月9日から16日まで開催します。入園料は通常営業と同じく、一般600円、中学生200円。小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料です。

 昨年は、こちらをじっと見つめるハシビロコウのポスターが印象的だった「真夏の夜の動物園」(参考記事)。今年のビジュアルはというと……


画像

 「知られざる。」……サルでした。

 真夏の夜の動物園で見られる動物はもちろんサルだけではないですが、観覧できる時間は動物や展示施設によって異なります。例えば、シマウマ、ホッキョクグマ、ワシ、タカなどは18時半まで、ハシビロコウ、サル山などは20時まで。夜には眠ってしまうジャイアントパンダや、夜行性で活発になったタテガミオオカミなどの姿も見ることができるそう。

 これに合わせて、20時の閉園時間まで「不忍池テラス」にオープンビアガーデンがオープン。数量限定のビール「パイナップルエール」や、デザートなどが販売されます。デザートは夏の夜空をイメージしており、アイスの上にはペンギンが乗っていますよ! そしてギフトショップでも、夏季限定グッズが数量限定で販売されます。


画像 動物によって、それぞれの夜の過ごし方があるんですね


画像 気持ちよさそうだなあ


画像 限定フードメニュー。すべて税込価格

 また、期間中には普段は入ることができないキリンやゾウの運動場に入れるイベントを実施。動物の体格に合わせて作られた施設の大きさや、独特な環境を体感できます。そのほかにも、飼育員の話を聞くことができるイベントや音楽ライブ、「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」の野外上映など各種イベントが開催されます。詳細は特設ページから確認できます。


画像 ゾウの運動場はやっぱり大きい


画像 キリンの運動場は木まで大きい

マッハ・キショ松

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事