新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月11日 14時31分 UPDATE

ブタ堀越二郎にやっと会える。ついに宮崎駿「風立ちぬ」の漫画版、出版決定!

宮崎駿監督が拒絶していたので、諦めかけていました

[たまごまご,ねとらぼ]

 宮崎駿監督の映画「風立ちぬ」の元になったマンガが、ついに単行本化されることが発表されました。


画像 ついに、ついにです!

 連載していた「モデルグラフィックス」誌の発行元、大日本絵画によると、発売は9月上旬予定とのこと。

 「風立ちぬ」は「モデルグラフィックス」で、2009年4月から2010年1月まで連載されていました。主人公の堀越二郎がブタ顔で、それまでに同雑誌で連載されていた「宮崎駿の雑想ノート」シリーズと基本は同じ構成。作者名が「駿」ではなく「グズオ」「ノビオ」「オソオ」など、遅筆であることをネタにしているのも「雑想ノート」と同じです。ストーリーは映画版とちょっと違います。それでも、飛行機の製作、妻との出会いなど、大枠である堀越二郎の物語なのは同じ。


画像 漫画版はブタです

 漫画版「風立ちぬ」は「モデルグラフィックス」誌連載ということもあって、「雑想ノート」のように単行本化が期待されていました。しかし、宮崎監督がドキュメンタリー映画「夢と狂気の王国」で出版社の人に対し、絶対に「風立ちぬ」は本にしない、と宣言。単行本化は絶望視されていました。


画像 この映画を見た時は、もうダメかなと思いました

 ファンにとっては待望の単行本化。発売をじっくり待ちたいところです。



たまごまご


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事