ニュース
» 2015年07月13日 20時01分 UPDATE

鳥だ! 飛行機だ! いや、R2-D2だ! 頭に組み込んだドローンで空を飛ぶR2-D2を作った人あらわる

ものすごいクオリティの高さ。

[ねとらぼ]

 スターウォーズの人気キャラクター「R2-D2」を、空飛ぶラジコン仕様で作ってしまった人が登場しました。YouTubeに動画が投稿されています。

 細部まで再現された見た目のクオリティもかなり高いのですが、よく見るとドローンを組み込んだ頭部分と胴体が空洞になっており、ドローンの力で空を飛べるように軽量化されています。制作者はドローンを使ってさまざまなものを飛行用に改造しているオットー・ディーフェンバックさん。初飛行の動画では、砂煙を巻き上げてぐんぐん大空へ飛び立っていくR2-D2の様子を見ることができます。結構な大きさがあるのにこれだけ高く、遠くまで飛べるとは驚きです。

画像 ブワッ!

画像 飛んだ!

画像 めちゃくちゃ飛んでる!

 カリフォルニア州サンディエゴで開催されたイベント「Comic-Con」にあわせて作られたもの。開催期間中は3日間で9回のフライトを行い、多くの人を驚かせていました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう