新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月16日 09時17分 UPDATE

探査機「ニュー・ホライズンズ」が撮影した冥王星の写真続々公開 衛星カロンも鮮明に

太陽系外縁へ。

[ねとらぼ]

 米航空宇宙局(NASA)は7月15日夜(現地時間)、会見を開き探査機「ニュー・ホライズンズ」が13日に撮影した冥王星に最接近した際の写真や、衛星「カロン」の写真を公開した。探査機は冥王星のフライバイ(接近通過)を達成し、太陽系の外縁に広がる「カイパーベルト」の奥へと向かう予定。


 冥王星から7万7000キロの距離から撮影した写真には、3500メートルを超える氷の山や地表の様子が見て取れる。

冥王星 NASA-JHUAPL-SwRI

 また、衛星「カロン」より46万6000キロの距離から撮影した高解像度の写真では、地殻の広がりで形成されたと見られる約1000キロにも及ぶ峡谷のようなものもとらえられていた。地表のクレーターが少ないのが特徴で、これはごく最近の地表面の活動により消えたのではないかと推測されている。カロンの北極域に見える黒い部分は、鉱物があるのではないかとみられている。

冥王星 衛星「カロン」 NASA-JHUAPL-SwRI

冥王星 NASA-JHUAPL-SwRI

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー