ニュース
» 2015年07月16日 09時53分 UPDATE

暴風・高波・大雨 厳重警戒

台風11号が四国の沖を北上中。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 大型で強い台風11号が、四国の沖を北上中。午前6時現在、西日本の広い範囲が強風域に入っています。台風の接近に伴い、あすにかけて、西日本の太平洋側を中心に暴風が吹き荒れ、海は猛烈にしけるでしょう。また、東日本にかけての広い範囲で大雨に。

天気 台風11号の様子 黄色い円内は風速15メートル秒以上の強風域

 台風11号は、今後も北上を続け、今夜には、強い勢力を保ったまま、西日本の太平洋側にかなり接近し、あすにかけて上陸するおそれがあります。

 台風11号のスピードは午前6時現在で時速20キロ。このあとあすにかけてもスピードを上げずに北上を続ける見込みです。台風の動きが遅く、長い時間にわたって、暴風や大雨が続く見込みです。

 台風周辺はもちろんですが、台風から離れた地域も、大雨などに警戒が必要です。

天気

 けさ、台風から離れた東日本に活発な雨雲がかかっています。

 西日本から東日本の太平洋側を中心に広い範囲で大雨になる見込みです。局地的には猛烈な雨が降るでしょう。長く降り続くため、雨量も多くなる見込みです。

天気

総雨量1000ミリ超のところも

天気

 最大瞬間風速40メートル秒以上の風は、走行中のトラックが横転するほどの風で、屋外での作業は危険です。

 また、総雨量が1000ミリ以上となるところも出てくるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などにも厳重な警戒が必要です。

 台風から離れたところでも、発達した雷雲がかかります。発達した雷雲の下では竜巻などの突風が吹くおそれもあります。

 そして、台風の接近する四国地方を中心に、今夜からあすの朝にかけて高潮にも警戒が必要です。夜になってからの非難は危険な場合がありますので、早めに行動するよう心掛けてください。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう