ニュース
» 2015年07月21日 10時00分 UPDATE

アポロ11号で月面に降り立ったニール・アームストロングが着用した宇宙服の修復資金をクラウドファンディングで募集開始

50周年を目指して修復。

[ねとらぼ]

 米スミソニアン博物館は、クラウドファンディングサイトのKickstarterでニール・アームストロングが着用した宇宙服の修繕資金を募っている。「Reboot the Suit: Bring Back Neil Armstrong’s Spacesuit」と題して7月20日から募集を開始したもので、50万ドル(1ドル124円として6200万円)を目標としている。

宇宙服

 宇宙服は1969年7月21日に月面に着陸したアポロ11号で使用され、アームストロングとともに月面にその一歩を記した。そのときの「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」の言葉はあまりにも有名。宇宙服も地球に帰還し、同博物館に保存・展示されていた。

宇宙服

 現在、博物館に展示されている宇宙服は精巧なレプリカで、オリジナルは劣化のため温度や湿度をコントロールした場所で修復を待っている状態とのこと。修復資金には保存の研究や3Dデジタルスキャン、最先端のディスプレイケースなども含まれる。

宇宙服

宇宙服

宇宙服

 2019年7月、アポロ11号の月面着陸から50周年の記念行事での再展示を目指している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー