新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月21日 21時29分 UPDATE

パナソニックの本気 カメラ120台に囲まれて躍動的な3Dフィギュアが作れるサービス開始

大量のミラーレス一眼で激写された姿がそのままフィギュアに!

[qeeree,ねとらぼ]

 パナソニックが自社製品の一眼レフカメラを120台使って、1/10サイズのオリジナル3Dフィギュアを作ってくれるサービス「3Dプレミアムフィギュア」をスタートしました。

画像

画像 3Dデータのスキャンに、なんと120台の一眼レフカメラを使用!

 3Dフィギュアの制作では、被写体を3Dスキャンするのに専用の3Dスキャナーを使うのが一般的。このサービスでは同社のミラーレス一眼レフカメラのフラッグシップ機「LUMIX DMC-GH4」を120台使用します。3D専用撮影スペースで被写体をぐるりと囲むようにカメラを設置し、総画素数が20億6400万画素となる120枚分の写真データを撮影。3Dデータに変換し、39万色フルカラー3Dプリンターで出力してフィギュア化します。

画像 3Dプレミアムフィギュアの例

 3Dスキャナーだと被写体はポーズを取ったまま数分間静止する必要があります。この方法では1/1000秒で撮影が終了するため、躍動感のあるポーズもそのままフィギュア化できます。じっとしていられない子供が被写体でも、すぐに撮影が終わるので安心ですね。

画像 被写体を120台のカメラでぐるりと撮影し……

画像画像 3Dデータ化(左)して3Dフィギュア(右)に。躍動的な姿もこの通り!

 撮影スタジオはJR大阪駅近くの「パナソニックセンター大阪」のみ。価格は5万5000円〜(税別)で、最大2人まで同時撮影が可能です。公式サイトで撮影の予約や料金など詳細が確認できます。記念品や家族の記録として、または大阪旅行や夏休みの思い出として、一体作ってみてはいかがでしょうか。

qeeree


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー