ニュース
» 2015年07月22日 09時26分 UPDATE

都立神代植物公園のショクダイオオコンニャク、虫を呼び寄せる強烈なニオイを放ちながら7年に一度の開花

今すぐ行けば間に合うかも!

[ねとらぼ]
ショクダイオオコンニャク 開花!

 東京・調布市にある神代植物公園で7月21日23時ころ、世界最大級の花「ショクダイオオコンニャク」が開花した。公園園長のTwitterアカウント(@ParksJindai)では開花までの記録が投稿されている。

 ショクダイオオコンニャクはインドネシア原産のサトイモ科の植物。7年に一度2日間ほどしか咲かず、開花の際には虫を呼び寄せるために強烈な悪臭を放つことから「死体花」とも呼ばれている。

ショクダイオオコンニャクショクダイオオコンニャク すくすく成長

 7月10日にショクダイオオコンニャクが東京大学大学院付属小石川植物園から運ばれ、開花待ちの状態だった。その後10日ほどで183センチほどに成長し、7月21日に花が開き始めたとのこと。国内での開花例は鹿児島県のフラワーパークかごしまや東京都の小石川植物園など10例ほど。すぐに花が閉じてしまうため神代植物公園では本日7月22日は8時30分から開園している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう