ニュース
» 2015年07月24日 10時40分 UPDATE

「Windows 10」への無償アップグレードを抑止する方法にユーザー困惑の声

ハードル高い。

[ねとらぼ]

 日本マイクロソフトは、7月29日から始まる“「Windows 10」への無償アップグレードを抑止する方法”を公式ブログ「Ask CORE」で公開しています。

Windows10 公式ブログ「Ask CORE」で公開された「Windows 10」への無償アップグレードを抑止する方法

 すでにWindows 7 SP1とWindows 8.1からの無料アップデート予約が始まっているのは既報のとおり。7月29日以降には(Get Windows 10アプリなどから予約したユーザー対象に)自動でダウンロードが行われ、アップグレードの準備ができ次第、アップグレードのスケジュールを促すポップアップが表示されます。しかし、仕事で使用しているソフトが対応していなかったり、周辺機器が認識しなくなる可能性もあり、アプリケーションの動作確認など管理上の確認が必要との声もあったことから、Windows 10への無償アップグレードを抑止する方法を紹介することに決めたとのこと。

 ブログでは、KB3065987(Windows 7 SP1において)かKB3065988(Windows 8.1において)を適用した状態で、「ローカル グループ ポリシー エディター」→「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「Windows Update」と進み、「Turn off the upgrade to latest version of Windows Update」オプションを有効に変更するよう呼びかけています。また、レジストリからブロックする方法についても紹介しています。

 しかし、普段扱い慣れてないユーザーにとっては説明が不十分で間違える可能性もあり困惑する声が挙がっているようです。「勝手にアップグレード?」「PCの設定いじるの苦手なんだけど」「もっと簡単にできるようにしてほしい」などTwitterには多くの不満が寄せられています。

追記

 公式ブログはその後困惑の声を受けて追記を更新。Windows 10 の無償アップグレードが、自動的にアップグレードされることはないとアナウンスしています。アップグレードの対象者と指定されたデバイスを利用しているユーザーが、Get Windows 10アプリなどから予約することで、今後アップグレードが可能になるとしています。

Windows10 Windows 10へのアップグレードを呼びかける

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー