ニュース
» 2015年07月24日 18時07分 UPDATE

ポケットにライターを入れて焼ける事故多発 着火レバーに触れずとも燃える「残り火」に注意

急にシャツのポケットが燃え出す、なんて怖い事例が。

[ねとらぼ]

 ライターをポケットに入れた際に衣類が焼けてしまう事故が多発していると、消費者庁が発表しました。調査でもっとも多かった事故原因は、着火レバーから指を離しても火がついている「残り火」。通常よりも火が小さくて消費者も気づきにくいらしく、使用後は火が完全に消えていることを確認するよう注意を呼びかけています。

画像 ライターの「残り火」の再現画像

 同庁によると事故情報は43件寄せられていて、うち21件で火傷が発生。9件の事故を調査した結果、大部分の7件が「残り火」によるものでした。具体例としては、使い切りライターを使用後にシャツの胸ポケットに入れたところ、シャツが燃えたという事故。なかに入り込んだ砂状の異物によって着火レバーが正しく動作しなくなり、微量なガスが漏れて残り火が発生したと推定されるそうです。

 今回のようにライターの火が衣類に燃え移ると火傷する可能性が高く、最悪死亡する可能性もあります。 使用後は火が消えきっているか確認し、着火レバーとノズルネジの間に挟まったゴミなど異物も取り除くこと。また着火スイッチがほかの物と接触して意図せず着火する危険性もあるので、ライターの保管の際はほかに接触しないようよう、同庁は促しています。

画像 ライターも消費生活用製品の安全規則に適したことを示す、PSCマークが付いたものを使用しましょう

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー