ニュース
» 2015年07月26日 11時30分 UPDATE

衝撃のラスト! 一定のペースで男子が歩くだけのCMがTwitterでじわじわ拡散中

ただひたすら一定のペースで歩く男の子、しかしそこにはある重大な理由が……。

[イッコウ,ねとらぼ]

 九州の学習塾「英進館」のローカルCMが、その意外性抜群なラストで話題になり、Twitterなどでじわじわ拡散中です。

 何もないあぜ道を、古代ローマ風の服を着ながら杖をついてスタスタ歩く男子と、それを追いかける学生服を着た女子。教室も無ければ机も無い、そんな学習塾のイメージからかけ離れた場面からCMは始まります。


画像 全然学習塾のCMに見えないんですけど!

 疲れた顔で「もうずいぶん歩いたよ? 少し休めば?」と女の子が声をかけますが、「なりません、兄が来るまでは」と一蹴されます。忘れ物を兄が持ってきてくれるとのことですが、「忘れ物って何よ!?」と聞いても、「さぁ……? 忘れ物は忘れ物です」と曖昧な返事。女の子が転んでも手を差し伸べることなく、男の子は速度を一定に保ちながら歩き続けます。


画像 つまずいて転んでしまう女の子


画像 手をさしのべて欲しいようですが……


画像 完全スルー。なんてヤツだ

 ついに雨が降り始め、「雨宿りしましょう!」と提案する女の子。しかし、それに対して「この分速75メートルを、変えるわけにはいかないのです!」と謎の力強い返事。……分速75メートル? なんのことだ?


画像 なぜ、速度にこだわるんだろう?

 そんな中、ついに後ろから自転車に乗って兄が近づいて来るのが見え、「お兄さん来たよ!」と女の子が伝えても男の子は「そうですか」と答えるのみで振り向きもしません。雨でずぶ濡れになりながら「止まってよ!」と懇願しても「出来ません!」と頑なに拒否する男の子、しびれを切らし「どうして!?」と強い口調で問いかけると「それが、数学の問題の使命だからです!!」……ま、まさか!?


画像 お兄さんが来ても止まらない……この行動パターンはもしや!?

 そしてナレーションとともに「分速75メートルで家を出た弟に、分速250メートルで自転車に乗った兄は何分後に追いつくか答えなさい。ただし、兄は忘れ物を届けるため、弟の1時間後に家を出たものとする。」との問題文が画面に登場。どうやら男子は問題の中の登場人物だったようです。場面は変わり、テスト中の教室の中で問題と向き合う女の子。そして同時に表れる「合格へと、歩み続ける君に。」の文字。上手い。


画像 ちなみに計算すると約26分


画像 う、上手い

 学習塾のお堅いイメージを覆すユニークなこのCMは、SNSを介して九州から全国区へとじわじわ歩みを進めているようです。


イッコウ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう