ニュース
» 2015年07月26日 14時27分 UPDATE

台風12号 九州の西を北上中

暴風や高波、大雨に警戒してください。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 台風12号は26日13時現在、長崎県五島市の南およそ140キロにあって、北へ進んでいます。このあとは九州の西を北上する見込みです。暴風や高波、大雨に警戒してください。

ah_tenki.jpg

 台風12号は13時現在、長崎県五島市の南を時速15キロで、北へ進んでいます。台風がこのまま予報円の中心付近を進んだ場合、きょう夕方から夜にかけて、長崎県付近を通過する見込みです。

 台風は次第に勢力を弱めながら、今夜には対馬海峡に進むでしょう。午後は九州北部でも、暴風や高波、大雨に警戒してください。

九州 暴風や高波に警戒

 九州南部・奄美地方ではすでに非常に強い風が吹いており、海上は大しけとなっています。午後は、九州北部でも風が非常に強まり、大しけとなる所があるでしょう。

 予想される最大風速(最大瞬間風速)は

  • 九州南部・奄美地方 25メートル(35メートル)
  • 九州北部      22メートル(35メートル)

 何かにつかまっていないと立っていられないような風です。台風の接近に伴い、風が急に強まることもありそうです。このあとも、暴風に十分に警戒してください。

 また、予想される波の高さは、

  • 九州南部・奄美地方、九州北部地方 6メートル

 海上はうねりを伴った大しけに警戒が必要です。海には近づかないようにしてください。

九州北部でも大雨に注意を

 九州南部や奄美地方ではきょう夕方にかけて、九州北部ではあすにかけて、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る所があるでしょう。いま雨の降っていない所でも、熊本県では昼過ぎから、長崎県は夕方から、佐賀県は夜から雨が降る見込みです。

 あす正午までの24時間に予想される雨の量は、

  • 九州北部 120ミリ
  • 九州南部 100ミリ

 これまでの大雨で地盤の緩んでいる所では、土砂災害に警戒してください。また、低い土地の浸水や川の増水にも注意が必要です。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー