新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月27日 09時26分 UPDATE

服もポーズも荒木飛呂彦ワールド全開 ジョジョ前の読切「ゴージャス☆アイリン」がファッションドールに

荒木先生が初めて描いた女性の主人公が、先生監修のもとフィギュアで蘇る。

[黒木 貴啓,ITmedia]

 「ジョジョの奇妙な冒険」で知られるマンガ家・荒木飛呂彦さんが、初めて女性の主人公を描いた作品「ゴージャス☆アイリン」。その主人公のゴージャス・アイリンが、荒木さんと集英社の監修のもと、ファッションドールとなって千値練から発売されます。7月26日開催の「ワンダーフェスティバル2015[夏]」で、千値練ブースが発表と同時に監修中のモデルを公開しました。

画像画像 ゴージャス・アイリンがファッションドールとなって登場!(モデルは監修段階のもの)

画像

 「ゴージャス☆アイリン」は、荒木さんが1985年・1986年に1話ずつ発表した読み切り作品。16歳の少女であるアイリン・ラポーナが、化粧で自己暗示することで抜群のプロポーションかつ残忍な殺し屋「ゴージャス・アイリン」に変身する物語です。今となっては「SPUR」でグッチとのコラボマンガを描くなどファッション界でも注目される荒木さんですが、アイリンの衣服やポージングはその感性が随所に見られる、荒木ワールドの起源の一つというべき作品です。

画像 ゴージャス☆アイリン―短編集」表紙。決め台詞は「わたし……残酷ですわよ」

 ファッションドールでは、アイリンをおよそ6分の1スケールとなる全高約28センチの素体で表現。初の変身シーンで着ていたワンピースを、布製のドレスで再現して身にまとわせました。顔のタッチは80年代の原作よりも現在の荒木さんの作風に近く、白黒で描かれていた髪や唇、イヤリングなどもオレンジや水色など華やかに彩色。まさにアイリンが現代に蘇ったかのよう。

画像画像 元祖「ジョジョ立ち」とでもいうべき、体をひねり美しいボディラインを生み出すポージング

 可動部はあえて首・肩・腰・股の関節だけに。膝や肘も曲げるようにすると腕や足の美しさが崩れてしまうということで、固定することでアイリンのプロポーションの再現を追求したそうです。

画像画像 関節のない足がこれまたキレイ。ナイフ(右)など小物も充実しています

 小物としてハイヒール、口紅、ナイフも付属。発売日と価格は未定です。企画開発者のTwitterによると、「シリーズで集めていくと着せ替えやアクセサリーが交換出来る様にしたいです……いろいろポージングさせてアイリンのファッションショーをやりたい」といった構想もあるとのこと。最終的にどのような形で発売となるのか、詳細がバァァァーン(※アイリン変身効果音)と出るのが待たれます。

黒木貴啓


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー