新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月28日 09時02分 UPDATE

いまピークの時期 みずがめ座流星群

みずがめ座δ(デルタ)流星群がピークの時期を迎えています。空を見上げると、流れ星が見られるかも?

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
天気

いつ見上げれば良いか

 ほぼ一晩中観察できますが、明るい流星はあまり多くないようです。ということは、月明かりがない方が良いですね。月が沈んでからの観察の方がおすすめです。東京の月の入りの時間は28日1時24分。29日2時16分。30日3時15分。未明から明け方がチャンスといえそうです。

どちらを向けば良いか

 みずがめ座を中心として出現し、四方八方に飛びますので、夜空全体を見渡すようにしましょう。寝転がっての観測がいいかもしれませんね。

 冬とは違って、寒くないですから(むしろ暑い)、長い時間観測していても苦にならない時期です。

 ただ、見えるかどうか……。きょうは星空を見上げるには、残念ながらいまいちの天気。今夜はほぼ全国的に曇り空です。局地的には雷雨もあるかもしれません。

天気

 7月下旬から8月下旬は、いくつもの流星群の活動が重なり、一年のうちで最も多く流れ星が見られるシーズンとのこと。きょう見られなくても、この1カ月のうちに、流れ星を見るチャンスはまだまだありそうです。夏休みですから、子供と一緒に夜更かしをして星空観察してみるのも良いかもしれませんね。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事