新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月28日 15時54分 UPDATE

4種類のロボットを組み立て可能! お絵描きロボットキット「mDrawBot(えむどろーぼっと)」がかわいい

ロボットにペンを持たせて絵を描けます。

[高城歩,ねとらぼ]

 お絵描きロボット工作キット「mDrawBot(えむどろーぼっと)」を、スイッチサイエンスがクラウドファンディングサイト「Makuake」で発表しました。mDrawBotはすでに米国のクラウドファンディング「Kickstarter」で目標金額を大きく上回る資金調達に成功し、注目を集めています。


画像 「mDrawBot」。なにこれかわいい!!

 mDrawBotはペンを取り付けて絵を描けるロボットを、部品を組み合わせて作る工作キット。1つのキットを4種類のお絵描きロボットに組み替えることができます。作れるのは、平らな面に絵を描くことができる「mScara」、卵やピンポン玉のような普通では印刷できそうにないものにも絵を描けるように設計されている「mEggBot」、3カ所に車輪がついたロボットカー「mCar」、壁・ホワイトボードなどに絵を描くことができる「mSpider」。組み立てにかかる所要時間はそれぞれ1時間程度です。


画像 「mScara」はステッピングモーターで駆動する描画ツール

画像 「mSpider」はふたつのステッピングモーターで、糸を介してmSpiderの動きをコントロール。糸を長くすることで、より大きな絵を描くことが可能

画像 玉子に顔を描いて、イースターエッグを作れる「mEggBot」

画像 「mCar」は走った後に線を描くことができる。ツールペンの代わりにチョークを取り付ければ、道路の上にも絵が描けますよ

 mDrawBotは、オープンソースなロボット作成プラットフォーム「Makeblock」に基づいており、多数の工業用標準部品と互換性があり、レゴ用のパーツを自由に組み合わせることもできます。オープンソース基板Arduino Unoと互換性があるため、プログラミング初学者にとっても扱いやすく、電子工学やロボット工学を学ぶための教材としても最適だとしています。


画像 mDrawBotはMakeblockのアルミパーツを含めた60個以上の部品から構成

 「Makuake」では、1万6556円でmDrawBotキット単体、1万7667円で専用基板「MakeblockOrion」が付属した標準キット、2万2112円でBluetoothモジュールが付属した拡張版キット、さらに11万1000円で標準キット7個をセットにしたディストリビューターパックが支援コースとして用意されています(税別)。

 コンパクトでユニーク、そしてデザインもかわいらしいお絵かきロボットが、日常をさらにワクワクするものへと変身させてくれるかもしれませんね!

高城歩

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事