新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月29日 08時49分 UPDATE

福岡の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」 世界文化遺産の推薦候補に

沖ノ島は「海の正倉院」とも呼ばれている。

[ねとらぼ]

 福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が、2015年度のユネスコへの世界文化遺産国内推薦候補となることが、国の文化審議会世界文化遺産・無形文化遺産部会で決定した。

 同遺跡群を構成するのは、玄界灘の洋上に浮かぶ沖の島や宗像大社など。4世紀後半から9世紀末に至る祭祀遺跡があり、多くが良好な状態で残っているという。特に沖の島では8万点に及ぶ神への奉献品が発見され、すべて国宝に指定されており、「海の正倉院」とも呼ばれている。

ah_isan1.jpg 会見する谷井 宗像市長、小川 福岡県知事、小山 福津市長

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事