新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月30日 07時00分 UPDATE

Twitterがついに「パクツイ」規制か 盗用ツイート次々「凍結」

Twitterによると「連絡いただければできる限り対処する方針」とのこと。

[ねとらぼ]

 他人のツイートを無断でコピーして、自分のものとして投稿する「パクツイ」。この「パクツイ」問題について、Twitterがようやく対策に乗り出したかもしれない――と話題になっています。

 きっかけは海外ニュースサイト「The Verge」の記事。記事によると、自身のツイートが盗用されていることに気づいたあるユーザーがTwitter社に報告したところ、パクツイとみられるツイートが「このツイートは著作権者からの申し立てにより一時保留されています」というメッセージに置き換えられたとのこと。その後も、同じように凍結されたとみられるツイートが複数見つかったため、「パクツイ対策に乗り出した」と話題になったようです。


画像 申し立てにより凍結されたツイートの例(モザイク加工は編集部によるもの)

 ただ、Twitter内を検索してみると、同様の凍結メッセージは2012年以前にも見つかっています。どうやら必ずしも、最近になって対策に乗り出したというわけでもないもよう。

 Twitter Japanに問い合わせてみると、個別の案件についてはTwitterの方針で詳しく回答できないとしつつも、「Twitterの規約の『著作権ポリシー』にもあるとおり、自身のコンテンツが著作権を侵害する手法でコピーされたと判断された場合には、連絡いただければできる限り対処する方針です」とのことでした。


画像 利用規約内の「著作権ポリシー

 こうした対応がいつごろから始まったものなのかなど、詳細については結局のところ不明ですが、少なくとも自分のツイートが盗用されていた場合には、Twitterに報告すれば可能なかぎり対処してもらえるとみてよさそうです。パクツイなど著作権侵害の報告はTwitterのヘルプセンター内から行うことが可能です


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事