新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年07月31日 21時04分 UPDATE

米国の歯科医が人気ライオン射殺し非難集まる 医院のレビュー炎上 引き渡し求める署名も

医院の前には射殺された人気ライオン「セシル」を追悼するぬいぐるみも。

[ねとらぼ]

 ジンバブエの国立公園の人気ライオン「セシル」が米国人ハンターに殺された事件が世界中で非難を呼んでいます。

 セシルを射殺した歯科医師のウォルター・パーマー氏は、協力者にお金を払い、狩猟が禁止されている公園からセシルをエサでおびき出したとされています。米魚類野生生物局はこの件を調査していると発表。協力した現地のハンターは違法な狩猟に関与したとしてジンバブエで起訴されています

ah_lion1.jpg 低評価の多いレビュー

 パーマー氏の行為に対して世界中から非難の声が集まっており、レビューサイトではパーマー氏の歯科医院に低評価が多数つけられ、同氏の医院のボイコットを呼びかけるFacebookページは3万人の支持を集めています。

ah_lion2.jpg ボイコットを呼びかけるページ

 ホワイトハウスのWebサイトには、ジンバブエ政府へのパーマー氏の引き渡しを求める市民からの嘆願が投稿され、3日ほどで16万人以上が署名しています。また現在閉まっている医院を訪れ、セシルを追悼するぬいぐるみを置く人も。

ah_lion3.jpg ホワイトハウスのWebサイトの嘆願

 パーマー氏はメディアに対し、ガイドが許可を取っていると思ったとのコメントを発表。同氏は姿を隠していると報じられています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー