ニュース
» 2015年08月03日 17時20分 UPDATE

ヒッチハイクロボット「hitchiBOT」のアメリカ横断挑戦 何者かに破壊されわずか2週間で終了

まだ始まったばかりだったのに……。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 「ロボットは人間を信じられるのか」という問いを明らかにするため、ヒッチハイクで世界を旅するロボット「hitchBOT」(関連記事)。7月17日からヒッチハイクによるアメリカ横断に挑戦していたのですが(関連記事)、何者かに破壊されたため旅を終了することが、昨日発表されました。


画像 早くも横断に失敗

 「hitchBOT」は単独でハッチハイクが行えるよう設計されたロボットで、すでにカナダ、ドイツ、オランダでの旅を成功させています。しかし、4カ国目となるアメリカの旅では、序盤のフィラデルフィアで誰かに破壊されてしまい約2週間で旅が終了することになりました。横断が目的のひとつだったのですが、ボストンやニューヨークなど少ない地域しか行くことができませんでした。


画像 アメリカ旅行で最初に乗せてくれた人々


 公式サイト上に掲載された関係者のメッセージによれば、この事件の犯人探しや告発には興味がないそう。むしろ「今回の出来事から何が学べるか」に焦点を当て、さらなる試みを行うそうです。「良いロボットにはときどき悪いことが起こるのだと思う。旅はひとまず終わるけれど、僕の人間愛は変わらない」という「hitchBOT」によるコメントも。無事、復活してくれるといいですね。


画像 旅は残念な形で終わってしまいましたが、「hitchBOT」は「Thank you to all my friends(すべての友人に感謝する)」とメッセージを送っています

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー