新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2015年08月03日 19時22分 UPDATE

身長166センチ、ビーナスラインを持つアンドロイド「ERICA」 「違和感のない自然な対話」を追求し開発

「要素技術の統合」が鍵。

[太田智美,ねとらぼ]

 科学技術振興機構(JST)・大阪大学・国際電気通信基礎技術研究所(ATR)・京都大学は「違和感のない自然な対話」を追求するための研究プラットフォームとして、アンドロイド「ERICA」を開発したことを発表した。

 ERICAは身長166センチ、鼻と口とあごが一直線上に並ぶ「ビーナスライン」を持ち、顔は左右対称、日本人とヨーロッパ人のハーフを目指したアンドロイド。従来は実在の人物をモデルにしてきたが、時としてヒトは人間よりもロボットに親しみを感じるということから、姿形をコンピューターグラフィックス(CG)で合成し、人工的に作り出すことでロボット特有の親しみやすさを併せ持たせたという。


画像 (C)石黒共生ヒューマンロボットインタラクションプロジェクト

 また、対話の際の振る舞いを実現するため、音声認識技術、音声からの動作生成技術、ロボット制御技術などの要素技術を統合。音声もほとんど人間と区別がつかないレベルだそうだ。


画像 (C)石黒共生ヒューマンロボットインタラクションプロジェクト

 音声による対話だけでなく「視線」や「振る舞い」といった非言語コミュニケーション技術により、より自然な対話を実現できるとして期待が寄せられる研究プラットフォームとしてのアンドロイド「ERICA」。この「要素技術を統合的に進化させる」ことに加え、CGを用いることで「肖像権を持たない」点にも注目だ。

太田智美

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー