ニュース
» 2015年08月04日 18時28分 UPDATE

鴨川シーワールドで「オイランヨウジ」の稚魚展示へ 「稚魚の育成が成功したのは初めて」

ホッソリ、シマシマ、かわいい。

[太田智美,ねとらぼ]

 今年の4〜6月に生まれたヨウジウオの仲間「オイランヨウジ」の稚魚の展示が、鴨川シーワールドで始まりました。「オイランヨウジ」は細長い身体とシマ模様、赤い尾びれの中央に白い斑点があるのが特徴。体長20センチほどで、日本では静岡県以南の岩礁域やサンゴ礁で見ることができます。


画像

 成熟すると月に1〜2回産卵し、オスが腹部に100個ほどの卵を抱えふ化するまで守ります。卵は約10日でふ化しますが、稚魚の体長は約6ミリほど。稚魚の育成は難しく、国内での長期育成例の報告はないといいます。


画像

画像

 展示されているオイランヨウジの子どもたちはまだ体長4〜7センチほど。すでにシマ模様と赤い尾びれを確認でき、サンゴ岩に寄り添うように泳いでいる姿が見られます。

 鴨川シーワールドでオイランヨウジの稚魚の育成が成功したのは初めてとのこと。トロピカルアイランド内「コーラルメッセージ」で展示されています。


画像

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー